top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

カリフォルニアの新しい室内作業環境規則 / CA’s New Indoor Workplace Regulations:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

カリフォルニア州は、室内作業環境での熱暴露を制限する新しい規則を採用しました(New Indoor Workplace Regulations)。


この規則は、気温または熱指数が87°F以上、または放射熱が高い環境や防護服を着用する作業場では82°F以上に達する場合に適用されます。


雇用者はクリーンな飲料水とクールダウンエリアを提供し、温度と熱指数の記録を保持する必要があります。


また、カリフォルニア州は高温作業環境で働く労働者に冷却休憩を提供することを義務付けています。


「主要な点」

  1. 新規則の概要 カリフォルニア州は、室内作業環境での熱暴露を制限する新しい規則を採用しました。

  2. 適用条件 新規則は、気温または熱指数が87°F以上、または放射熱が高い環境や防護服を着用する作業場では82°F以上に達する場合に適用されます。

  3. クリーンな飲料水の提供 雇用者は、従業員にクリーンな飲料水を提供しなければなりません。

  4. クールダウンエリアの設置 クールダウンエリアは放射熱源から離れた場所で、作業者が互いに接触せずに座ることができ、気温が82°F未満である必要があります。

  5. 温度と熱指数の記録保持 雇用者は、高温作業環境の温度と熱指数の正確な記録を保持しなければなりません。

  6. 冷却休憩の提供 カリフォルニア州は、高温条件下で働く労働者に冷却休憩を提供することを義務付けています。

  7. 例外条件 一部の例外を除き、温度が82°Fに達する職場でもこの規則が適用されます。

  8. 工学的および行政的対策 工学的対策が実行不可能な場合、雇用者は行政的対策やPPE(個人防護具)を使用して労働者の熱暴露を軽減する必要があります。

  9. レストラン労働者への影響 レストラン労働者は主に室内で働くため、直接的な高温の危険からは守られていますが、高温がHVACシステムに負担をかける可能性があります。

  10. 労働者の抗議活動 高温のキッチン条件に抗議するため、カリフォルニア州サンノゼのタコベルの労働者が一日ストライキを行うなど、労働者の抗議活動が行われています。


「企業の検討点」

  1. 新規則の遵守 新規則に従い、室内作業環境の温度管理と適切な労働環境の提供を徹底する必要があります。

  2. クールダウンエリアの設置 クールダウンエリアを設置し、従業員が適切に休憩できる環境を整えることが重要です。

  3. クリーンな飲料水の提供 従業員にクリーンな飲料水を提供し、脱水症状を防ぐ対策を講じる必要があります。

  4. 温度と熱指数の記録保持 温度と熱指数の正確な記録を保持し、必要に応じて調査や報告ができるように準備します。

  5. 工学的および行政的対策の導入 工学的対策が実行不可能な場合には、行政的対策やPPEを活用して労働者の安全を確保します。


「Q&A」

Q1: 新しい熱暴露規則はどのような職場に適用されますか? A: 気温または熱指数が87°F以上、または放射熱が高い環境や防護服を着用する作業場では82°F以上に達する室内作業環境に適用されます。


Q2: 雇用者は従業員にどのような対策を提供する必要がありますか? A: 雇用者はクリーンな飲料水とクールダウンエリアを提供し、温度と熱指数の記録を保持する必要があります。


Q3: 工学的対策が実行不可能な場合の対応は? A: 行政的対策やPPEを活用して労働者の熱暴露を軽減する必要があります。


Q4: 冷却休憩を提供するための具体的な方法は? A: 冷却休憩を提供するためには、従業員が放射熱源から離れた涼しい場所で休憩できるクールダウンエリアを設置し、定期的な休憩時間を確保することが必要です。



Comments


bottom of page