top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員vs独立業務請負人/Misclassification Menace:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. Helping Our Seniors, LLC判決: 5th U.S. Circuit Court of Appealsは、約50人の介護者が独立した契約者ではなく「従業員」であるとした。

  2. 8万3,000ドルの未払い賃金と損害賠償: 会社は報復のためにこれらの賃金と損害を支払わなければならなかった。

  3. Title VIIの適用: 会社は15人以上の従業員を持っている場合、Title VIIが適用される。

  4. 「経済的現実/共通法の制御」テスト: このテストに基づき、介護者たちは従業員と見なされた。

  5. 雇用法の課題: 誰が従業員で、誰が独立した契約者であるかを判断することは、雇用主にとって常に課題である。

  6. 従業員と独立契約者の区別: 従業員を独立した契約者として誤分類することは高額なものになる可能性がある。

  7. 米国労働省の新規則: 独立した契約者として分類される基準を厳格化する新しい規則が近く導入される予定。

  8. 契約の重要性: ただ従業員に独立した契約者としての契約を結ぶだけでは、その状態を変更しない。

「企業の検討点」

  1. 従業員を正しく分類し、適切な法的要件を満たすことの重要性。

  2. 米国の法律や規制の変更に対しての敏感さを持つことの重要性。

  3. 裁判所や政府機関がどのように「従業員」と「独立契約者」を判断しているかを理解する。

  4. 書面にした契約や合意だけでは法的な状態を変更するものではないことを認識する。


コメント


bottom of page