top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

革新的職業訓練プログラム:LADWPの成功事例/New Pathways for Mid-Career Changers:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

ロサンゼルス水道電力局(LADWP)とIBEW Local 18が共同で行っているUtility Pre-Craft Trainee(UPCT)プログラムに注目しました。


この革新的なプログラムは、特に中途キャリアチェンジャーに対して、給与と福利厚生を伴う実践的な訓練を提供し、公務員キャリアへの新しい道を開いています。


約85%の参加者が正社員として採用されるなど、その成功は顕著です。

  1. 「革新的な職業訓練プログラム」:LADWPとIBEW Local 18が共同で提供するUPCTプログラムは、国内他の公共事業体にはない広範な訓練を提供。

  2. 「キャリア変更者へのチャンス」:多くの参加者は中途キャリアチェンジャーで、単なる職ではなく、安定と昇進の機会を求めている。

  3. 「実践的な学習とサポート」:プログラムでは給与と福利厚生が提供され、LADWP内の様々な職位を学ぶための実地支援が行われる。

  4. 「公務員キャリアへの代替経路」:このプログラムは、公務員キャリアへの新しい道を提供し、完全雇用への構造的障壁を取り除くことを目指す。

  5. 「プログラムへの高い関心」:現在、プログラムへの参加待ちリストには約2000人が登録しており、参加には忍耐が必要。

  6. 「拡大を目指すプログラム」:LADWPとIBEWはプログラムを拡大し、より多くの機会を提供し、待機リストを短縮する計画を持っている。

  7. 「中産階級への道」:McClain-Hill委員長は、このプログラムが地元のコミュニティに中産階級への道を提供する重要な手段であると強調。

  8. 「地域社会に根差した取り組み」:LADWPは、地域社会への積極的な参画と、そこでの雇用機会の創出を通じて、地域全体を変える力があると見ている。

  9. 「大きな財政的投資」:LADWPはこのプログラムにかなりの財政的投資を行っており、これを他地域でも模範として採用すべき戦略と考えている。

  10. 「成功事例としての普及」:全米各地の都市にも同様のプログラムが展開されるべきだと、プログラム監督者のMcCloud氏は述べている。

「企業の検討点」

  1. 「職業訓練のイノベーション」:LADWPのUPCTプログラムは、従来の職業訓練プログラムの枠を超える可能性を示している。

  2. 「キャリアチェンジャーへの支援」:中途キャリアチェンジャーへの支援が、労働市場に新たな活力をもたらす可能性がある。

  3. 「継続的なキャリア発展の機会」:UPCTプログラムは、参加者に継続的なスキル向上とキャリアアップの機会を提供する。

  4. 「地域社会への貢献」:地域社会への投資としての職業訓練プログラムは、広範な社会的影響を持つ可能性がある。

  5. 「公務員キャリアの新しい道」:公務員キャリアへの新しい経路を開くことで、労働市場の多様化と包括性が促進される。

「Q&A」

  1. Q:「LADWPのUPCTプログラムはどのような人々に適していますか?」   

  2. A:「このプログラムは特に中途キャリアチェンジャーに適しており、安定したキャリアを求める人々に新たな機会を提供します。経験豊かな職人から若手職員まで、多様なバックグラウンドを持つ人々が参加しています。」

  3. Q:「プログラムへの参加にはどのような要件がありますか?」        A:「参加には、ロサンゼルス郡の居住者であること、有効な運転免許証を持っていること、そして毎四半期に登録を更新することが必要です。プログラムへの参加は競争が激しく、選考には忍耐が必要です。」

  4. Q:「プログラムの成功はどのように測定されていますか?」        

  5. A:「このプログラムの成功は、参加者が正社員としてLADWPに採用される割合、プログラムを通じて得られたスキルと経験、そして地域社会への肯定的な影響を通じて測定されます。現在、約85%の参加者が正社員として採用されており、その効果は明らかです。」


bottom of page