top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

メンタリングで従業員の定着率を高める方法/Boosting Retention with Mentoring Program:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. オンボーディングメンターシップの利点 - 新入社員が会社の文化を迅速に理解する手助けとなる。

  2. 向上する定着率 - メンターのいる従業員は、現職に長く留まる可能性が高い。

  3. ロイヤルティの醸成 - メンターシップは新入社員の成長を後押しし、組織への献身を高める。

  4. 生産性の加速 - メンターシップは新入社員が仕事に迅速に取り組む手助けとなる。

  5. メンターシッププログラムの構築 - 新入社員のスキルや興味を明確にし、組織の目的と整合させる。

  6. ペアリングの過程 - メンターとメンティのマッチングは、成功の鍵。

  7. アジェンダの提供 - メンターとメンティの関係をサポートするリソースを提供する。

  8. 定期的なチェックイン - メンターシップの状態を確認し、必要に応じて調整する。

  9. 報告の手順 - メンターシッププログラムの成果を追跡し、評価する。

  10. ビジネスの成果 - メンターシッププログラムがビジネス目標にどのように貢献しているかを示す。

「企業の検討点」

  1. 新入社員の成功のためのメンターシップの重要性を認識する。

  2. メンタリングは従業員の満足度と定着率を高める。

  3. 新入社員のスキルや興味を明確にすることで、組織全体の目的と整合させる。

  4. 定期的なフィードバックを収集して、メンターシッププログラムを改善する。

  5. メンターシップはビジネスの成功に直結している。


Commentaires


bottom of page