• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

5月の雇用統計

US Labor Department(米国労働省)の発表によると、5月の米国での雇用実績は39万人増で、市場予想の32.8万人を上回った。

また5月の失業率は3.6%となり、4月と同水準であった。


雇用が増加した業種は以下となる。

  • レジャー・ホスピタリティ業界:8万4,000人増

  • 専門職:7万5,000人増

  • 政府関連職員:5万7,000人増

  • 運輸・倉庫業:4万7,000人増

  • ヘルスケア業:4万2,100人増

  • 製造業:5万5,000人増

レジャー・ホスピタリティ業界の雇用数が最も増加しているものの、COVID-19以前の雇用水準よりも依然として130万人ほど少ない水準に留まっている。


最新記事

すべて表示