• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

孤独感

在宅勤務が増加したことによるネガティブな側面として、メンタルヘルスへの影響があるという話は以前から認知されている。

メンタルヘルスへの影響は、業務に対しての生産性にも関わってくることであり、企業にとっては検討が必要な点となる。


特に孤独感を感じているという従業員は、効率的に仕事が出来ていなかったり、能力を最大限に発揮することが出来ていないと感じているようである。


孤独感を改善させるために企業が行えることとして、以下がある:

  1. 対面やバーチャルで従業員を集めて定期的にイベントを開催する

  2. メンタルヘルスや健康促進のためのベネフィットの提供

  3. 多様性のある職場環境を構築して、企業文化を向上させる

何かと心配事があったり不安になることは誰にでもある。多くの人は1日の大半を仕事に費やすことになる。働きやすく、さらに心身共に健康的に働ける就労環境を整える努力がどの企業でも必要である。

最新記事

すべて表示