top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

スターバックスの人種差別訴訟:元ディレクターが勝訴:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 元スターバックスRegionalディレクターが、自身の解雇に人種が関与したと主張

  2. 2018年にフィラデルフィアのスターバックス店舗で発生した人種差別事件の後に解雇

  3. スターバックスの従業員が店で会っていた2人の黒人男性に警察を呼び、彼らは「不法侵入の疑い」で逮捕

  4. スターバックスは事件後、全店舗で数時間の人種差別訓練を行った

  5. 事件からのダメージを軽減するため、会社はフィラデルフィア市及びその周辺で働く白人従業員を処罰したと原告は主張

  6. 陪審は、スターバックスが連邦法とニュージャージー州法の両方で責任を負っていると判断

  7. 原告には60万ドルの損害賠償と2,500万ドルの懲罰的賠償が付与された

  8. 白人の原告が裁判所で人種差別の告発を成功裏に立証する例は珍しい

  9. これは、会社がD&I(多様性と包摂性)の目標に取り組む結果として生じた

  10. その他のケースでも、裁判所は、そのような主張が根拠を欠いている場合、それを退けることがあった


Comentários


bottom of page