top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

JPMのオフィス出社:「アメリカ人事を図と表で(仮)」

COVID-19の影響で、多くの企業がテレワークを導入し、従業員が自宅で仕事をすることが一般的になりました。しかし、最近のトレンドでは、多くの企業が従業員にオフィス出社やハイブリッド出社を促していることがわかっています。


まず、企業がオフィス出社やハイブリッド出社を促す理由の1つは、チームの協調性を高めるためです。オフィスに出社することで、従業員同士がリアルタイムでコミュニケーションを取り、アイデアを共有し、問題を解決することができます。また、顔を合わせてのコミュニケーションは、リモートワークでは失われてしまう場合があります。このため、オフィス出社やハイブリッド出社を導入することで、チームの協力関係を強化し、生産性を向上させることができます。


また、オフィス出社やハイブリッド出社を促すもう1つの理由は、従業員の健康とウェルビーイングに関するものです。在宅勤務を続けることで、従業員の孤独感やストレスが増し、仕事とプライベートのバランスが取りにくくなることがあります。また、テレワークをすることで、従業員の運動不足や食生活の乱れが起こる可能性もあります。これに対して、オフィス出社やハイブリッド出社を促すことで、従業員がリアルな人間関係を築き、健康的なライフスタイルを維持することができます。



Comments


bottom of page