top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

米国労働市場の最新動向 / Current Trends of the U.S. Job Market:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

2024年の労働市場(Job Market)は、変動と不確実性の中で力強さを保ってきました。


採用の需要、労働参加率の増加、安定した離職率、賃金成長の下降傾向など、重要な経済トレンドに注目が集まります。


  1. 「中程度の採用需要」:2023年は採用需要が安定化。2024年もこの傾向が続くか注目される。データによると、2023年末の求人数は2021年ピーク時から62,000件減少。

  2. 「若年層の労働参加増」:25〜54歳の労働参加率が過去20年で最大の増加。若年層の市場参加が継続することが予想される。

  3. 「安定した離職率」:2023年の離職率は2.3%で安定。このレベルが続けば、2024年の労働市場に好影響をもたらす。

  4. 「賃金成長の下降」:低い採用需要と労働力の増加に伴い、賃金成長がパンデミック前のペースに戻る見込み。

  5. 「AI技術の活用増加」:GenAIの出現以来、様々な業界で採用が進む。これにより、新しい職業の創出や労働市場の変革が期待される。

  6. 「業界別の動向」:一部の業界では離職率が増加。特にレジャー・ホスピタリティ業界が顕著。

  7. 「技能の更新とアップスキル」:変化する労働市場に適応するためには、スキルの更新が必要。継続教育やワークショップが有効。

  8. 「ネットワーキングの重要性」:2024年の就職市場では、業界イベントやLinkedInを活用したネットワーキングが鍵を握る。

  9. 「履歴書とLinkedInプロフィールの準備」:履歴書とLinkedInプロフィールは

  10. 「面接スキルの練習」:自分の経歴や成果についての準備をし、練習することで面接でのパフォーマンスを高めることができます。


「企業の検討点」

  1. 「労働市場の最新動向への対応」:中程度の採用需要や若年層の労働参加増など、労働市場の最新動向を理解し、戦略を調整する必要があります。

  2. 「離職率の安定に対する対策」:安定した離職率を維持するためには、従業員の満足度を高め、離職を防ぐ施策が重要です。

  3. 「賃金成長の傾向と対応」:賃金成長の下降傾向に対して、適切な報酬体系を維持し、従業員のモチベーションを保つ必要があります。

  4. 「AI技術の活用」:AI技術の導入による業務の効率化や新しい職種の創出に注目し、適応することが求められます。

  5. 「業界別の動向への対応」:各業界の動向を把握し、それに基づいた採用計画や戦略を立てることが重要です。


「Q&A」

  1. Q: 2024年の労働市場における主要なトレンドは何ですか?            A: 主要なトレンドには、中程度の採用需要、若年層の労働参加増、安定した離職率、賃金成長の下降、AI技術の活用増加があります。

  2. Q: 2024年の求職者が成功するための鍵は何ですか?               A: 業界の動向を研究し、スキルを更新すること、ネットワーキングを強化し、履歴書とLinkedInプロフィールを充実させることが重要です。

  3. Q: AI技術の進展が求職者や企業に与える影響は何ですか?            A: AI技術は業務の効率化を促し、新しい職種を創出することで、労働市場に新たな機会をもたらします。ただし、これに適応するためには、求職者と企業双方に新しいスキルの習得や戦略の調整が求められます。



Comments


bottom of page