top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

給与で見るマーチ・マッドネスの不平等 / March Madness Inequality in Salaries:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

アイオワ大学のスター選手、全米女子大学バスケットボール史上で最高の選手の一人と評されるケイトリン・クラークを筆頭に、ルイジアナ州立大学のエンジェル・リース、コネチカット大学のペイジ・ベッカーズ、そして無敗のままでの優勝を目指すサウスカロライナ大学の選手たちが注目される中、今年のマーチ・マッドネスは特に女子トーナメントが大きな注目を集め、プラチナチケット化している試合も多い。


その注目を浴びる中で、ファイナルフォーに進出した各大学のヘッドコーチの給与額(Inequality in Salaries)に焦点を当ててみます。


「主要な点」

  1. 男子と女子のコーチ給与の差: 男子のファイナルフォーのコーチの平均給与は400万ドルで、女子は215万ドルです。この大きな差は、スポーツ業界の性別に基づく報酬の不均等を示しています。

  2. 最高給与のコーチ: 男子ではコネチカット大のダン・ハーレイ氏が500万ドルで最高額、女子ではサウスキャロライナ大のドーン・ステイリー氏とコネチカット大のジーノ・オーリエマ氏が310万ドルでトップです。

  3. 給与格差の将来的な縮小: 女子バスケットボールの人気と収益の上昇は、給与格差の縮小を期待させます。これは、女子スポーツがより多くの注目と投資を受けていることを示しています。

  4. トップ20コーチの平均給与: 男子コーチの平均は500万ドル、女子は150万ドルです。このデータからは、男女間での給与の大きな格差が見て取れます。

  5. 女子バスケの人気上昇: 女子バスケットボールの視聴率と出席率の上昇は、このスポーツの市場価値を高めています。これは、女子コーチの給与増加へとつながる可能性があります。

  6. 給与とスポーツの収益性: 男子バスケットボールは依然として女子よりも高い収益を生み出しており、これが給与格差の一因となっています。

  7. 女子コーチの報酬増加の可能性: 女子バスケットボールの経済的価値の向上は、コーチの給与増加に繋がる可能性があります。

  8. 性別による給与の不平等: トップレベルのスポーツにおける性別に基づく給与の不平等は、業界全体の問題として認識されています。

  9. 男子バスケットボールの給与トップ: 男子の中で最も高い給与を受け取っているのはカンザス大のビル・セルフ氏で、960万ドルです。

  10. 女子スポーツの収益と人気: 女子バスケットボールの収益と人気の上昇は、スポーツとしての地位向上を示しており、将来の給与増加に期待を持たせています。


2024年男子ファイナルフォー ヘッドコーチの給与:

大学

コーチの名前

給与

コネチカット

ダン・ハーレイ

$5 million

アラバマ

ネイト・オーツ

$4.5 million

パデュー

マット・ペインター

$3.7 million

ノースカロライナ州立

ケビン・キーツ

$2.9 million

2024年女子ファイナルフォー ヘッドコーチの給与:

大学

コーチの名前

給与

サウスカロライナ

ドーン・ステイリー

$3.1 million

コネチカット

ジーノ・オーリエマ

$3.1 million

アイオワ

リサ・ブルーダー

$1.4 million

ノースカロライナ州立

ウェス・ムーア

$1 million


「企業の検討点」

  1. 給与格差の認識: 企業は男女間の給与格差を認識し、それに基づいた公正な処遇を目指すべきです。

  2. 女子スポーツへの投資: 女子スポーツの人気上昇は、投資やサポートの機会を示しています。

  3. 市場の変化に対応: 女子バスケットボールのように、市場の変化に敏感であることが重要です。

  4. 報酬の公平性: 組織内で報酬の公平性を確保し、性別に基づく差別をなくす努力が求められます。

  5. 将来の収益機会の評価: 女子スポーツの成長は、新たな収益機会を提供します。これをビジネス戦略にどう組み込むかを考えるべきです


「Q&A」

Q1: なぜ男子コーチと女子コーチの給与に大きな格差があるのですか?A1: 男子スポーツが生み出す収益が女子スポーツを上回っていることが、主な理由の一つです。


Q2: 女子バスケットボールの視聴率と出席率の上昇は何を意味していますか?A2: 女子バスケットボールへの関心と投資が増加しており、将来的には給与格差の縮小につながる可能性があります。


Q3: 企業はこの情報から何を学ぶべきですか?A3: 市場の変化に対応し、性別に関係なく公平な報酬を提供することの重要性を認識すべきです。


Q4: 企業が性別に基づく給与格差を解消するために取り組むべき具体的なステップは何ですか?A4: 透明性のある報酬体系の確立、パフォーマンスに基づく報酬の公正な評価、意識改革プログラムの実施が重要です。




Comments


bottom of page