top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

労働市場の新動向は対面勤務へのシフトと給与上昇 / Shift to In-Person Work and Rising Salaries:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

米国における対面勤務(In-Person Work)の給与が顕著に増加しており、その平均値は2024年には$82,037に達しています。


これは、リモートやハイブリッド勤務の給与増加率と比較しても、非常に大きな伸びであり、特にヘルスケア、交通、建設業界での人材獲得競争が激化していることが背景にあります。


「企業の検討点」

  1. 対面勤務の給与急増: 2024年の対面勤務の平均給与は$82,037と前年比で約40%増加しています。この給与の急増は、対面勤務の価値を高め、より多くの労働者がオフィス勤務を選択するインセンティブとなっています。

  2. リモート・ハイブリッド勤務との比較: リモート勤務の給与は9%、ハイブリッド勤務は11%増と、対面勤務の増加率と比較して低いです。これは、対面勤務を優遇する現在の市場動向を示しています。

  3. 産業別の需要と給与上昇: ヘルスケア、交通、建設などの産業では、人材獲得のための給与増加が顕著です。これらの産業での労働力需要が高まっているため、給与が上昇しています。

  4. 労働者の選好変化: 労働者の間でリモートやハイブリッド勤務への関心が高まっていますが、対面勤務を選ぶ人は依然として少数派です。企業はこの選好に応じて戦略を調整しています。

  5. 勤務形態による給与の選択: 労働者はリモート勤務を選ぶことで平均14%の給与カットを受け入れる傾向があります。これは、勤務形態の柔軟性が給与に与える影響を示しています。

  6. 企業の対応戦略: 対面勤務の職を埋めるために、企業はより高い給与、利益、職場環境を提供する必要があります。このような戦略は、優秀な人材を確保するために重要です。

  7. リモートから対面への転職での給与増: リモート勤務から対面勤務に移行した労働者は、平均で30%の給与増を経験しました。これは、対面勤務への移行がもたらす経済的利益を示しています。

  8. 労働市場の動向: 現在の労働市場は依然として緊張しており、労働者は給与交渉で有利な立場にあります。企業はこの市場状況に適応し、競争力を維持するための戦略を練る必要があります。

  9. 職場復帰のインセンティブ: 企業は対面勤務のメリットを高めるために、給与以外にも職場の改善や福利厚生の拡充を検討しています。これらのインセンティブは、職場復帰を促進するために重要です。

  10. 人材獲得のための投資: 対面勤務を求める企業は、人材を引きつけるために給与、福利厚生、職場環境に大きな投資をしています。これらの投資は、優秀な人材を獲得し維持するために不可欠です。


「企業の検討点」

  1. 給与増加による人材獲得: 企業は対面勤務の職を埋めるために、競争力のある給与を提供する必要があります。

  2. 勤務形態の選択肢: 労働者の勤務形態に対する選好を理解し、柔軟な勤務オプションを提供することが重要です。

  3. 産業別の人材戦略: 特定の産業での人材需要の高まりを踏まえ、戦略的な給与設定が必要です。

  4. 労働市場の動向に対する適応: 緊張した労働市場に適応し、労働者の給与交渉に対応するための戦略を練る必要があります。

  5. 職場環境の改善: 給与だけでなく、職場環境や福利厚生の改善によっても人材を引きつけ、維持することが可能です。


「Q&A」

Q1: 対面勤務の給与が増加する主な理由は何ですか? A1: 主な理由は、ヘルスケア、交通、建設など特定の産業での人材需要の高まりと、リモートやハイブリッド勤務に対する労働者の選好の変化です。


Q2: リモート勤務から対面勤務への移行が給与にどのような影響を与えますか? A2: リモート勤務から対面勤務に移行すると、労働者は平均で約30%の給与増を経験します。


Q3: 企業が対面勤務の人材を引きつけるために他にどのようなインセンティブを提供できますか? A3: 企業は、給与の増加に加えて、職場環境の改善や福利厚生の拡充など、様々なインセンティブを提供することができます。


Q4: 米国の労働市場における対面勤務の魅力を高めるために、日本の企業が採用できる戦略は何ですか? A4: 給与の増加、勤務形態の柔軟性の提供、職場環境の改善など、労働者のニーズに応える多角的なアプローチが効果的です。


Q5: 対面勤務の給与がリモートやハイブリッド勤務よりも顕著に高い場合、労働者の勤務形態選択にどのような影響を与えると考えられますか? A5: 給与の増加は対面勤務へのインセンティブとなり、リモートやハイブリッド勤務の選好がある労働者も経済的なメリットから対面勤務を選択する可能性があります。


Q6: 企業がリモート勤務の給与を抑制する代わりに提供できる他の魅力的な福利厚生は何ですか? A6: 柔軟な勤務時間、健康支援プログラム、キャリア開発の機会など、労働者のワークライフバランスやキャリア成長を支援する福利厚生が考えられます。





Comentarios


bottom of page