top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ハイブリッドワークの未来:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  • Littler Mendelson法律事務所の調査によると、2023年に向けて米国の雇用主の71%がハイブリッド型の勤務体制を維持している。

  • ハイブリッド型の勤務体制を許可する企業の中には、オフィスでの勤務要件をより厳しくする企業も存在する。リモート要素を削減している企業が半数近く存在し、39%が勤務スケジュールを変更せず、12%が柔軟性とリモートワークのオプションを増やしている。

  • ハイブリッド勤務を受け入れやすい国は主に米国で、米国の失業率の低さと人員不足がハイブリッド勤務体制を推進する要因となっている。

  • ハイブリッドやリモートの勤務モデルが広範囲にわたって定着すると予測されている。

  • 柔軟な勤務体制は多くの労働者にとって望ましいものであり、雇用主が大量退職に対応する手段の一つとしてハイブリッドワークを提供している。

  • ハイブリッドワークモデルには課題も存在し、よく考えられていないハイブリッド体制が従業員を苛立たせ、確立された規範の不足が彼らを去らせる原因になる可能性がある。

  • ハイブリッドワークと不安やうつ病との関連性も指摘されている。

  • ハイブリッドワークが長期的なトレンドとなる中で、雇用主がより効果的に利益を提供する方法に焦点が当てられている。オフィスでの従業員のエンゲージメントを高めることが一つの方法とされている。


Komentarze


bottom of page