top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ハイブリッド勤務の台頭:リモートの終焉?The Rise of Hybrid Jobs: The End of Remote?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. ハイブリッド仕事の需要増加 2023年の第2四半期に“ハイブリッド仕事”の求人が昨年同期比で29%増加した。

  2. リモートワークの求人の減少 "リモートワーク"や“在宅勤務”の求人は昨年より減少した。

  3. ハイブリッド仕事の人気維持 企業は、オフィス復帰要件と働き方の柔軟性のバランスを取るよう努力している。

  4. オフィス復帰の課題 米国のリモート対応可能な企業の22%はオフィス復帰を希望しているが、その従業員の15%しか復帰を望んでいない。

  5. オフィス復帰による離職リスク オフィスへの復帰が義務付けられた従業員の3分の1が、その会社での継続雇用の可能性が低下したと感じている。

  6. 北米のオフィス勤務頻度 北米の従業員は、他の国の従業員に比べてオフィスでの勤務日数が少ない。北米平均は週1.45日、世界平均は週1.75日。

  7. オフィス出席率の変化 世界的なオフィスの出席率は平均35%まで増加したが、北米では変わらず。

  8. 企業の対応 半数以上の企業がオフィス勤務を要求または強く推奨している。

「企業の検討点」

  1. 従業員のニーズを常に調査し、柔軟に対応する必要がある。

  2. リモートとオフィス勤務のバランスを見つけ、それを実行するための明確な方針を策定する。

  3. 従業員のオフィス復帰に関する不安や懸念を真摯に受け止め、対話を重ねる。

  4. グローバルな動向を参考にしながら、地域ごとの独自の状況を考慮する。

  5. オフィス復帰を強制する前に、従業員の意向や事業の実態に合わせた選択肢を提供する。


Comentários


bottom of page