top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

自動化による採用革命: 時間とコストを削減する未来の採用戦略/Hiring Revolution: Cutting Time and Cost: 「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

採用プロセスにおける自動化の導入は、効率的な人材探しと評価に大きなメリットをもたらす一方で、雇用主によってはその潜在能力をまだ十分に活用していないことがインディードの最新の調査から明らかになりました。


特に日常的なコンプライアンスチェックや履歴書スクリーニングなどの単純作業に自動化を活用することで、採用活動に費やす時間を削減し、より戦略的なタスクに集中できる余地が生まれます。


1. 候補者ソーシングに要する時間 Indeedの調査によると、53%の採用担当者が候補者のソーシングに週に最低6時間を割いています。さらに、22%はその作業に11時間以上も費やしており、効率化の余地が明らかにあります。

2. 評価プロセスの効率化 採用担当者の約半数が評価プロセスに週に6時間以上を費やし、15%が11時間以上を割いているとのこと。ここにも、技術を導入することで効率化が図れるポテンシャルが存在します。

3. 自動化への大きな支持 9割の雇用主が採用プロセスの自動化を支持しており、これによる生産性の向上、採用までの時間の短縮、コスト削減、候補者の経験の改善が期待されています。

4. 人間の役割は不可欠 インタビューの実施、ソフトスキルの評価、文化適合性の判断、そして最終決定など、採用プロセスにおける人間の役割は短期間で代替されることはないと多くの専門家が指摘しています。

5. 採用時間の大幅削減 新しい採用技術を取り入れた結果、採用時間が大幅に短縮されている企業が多数報告されています。データとAIを駆使することで、候補者の選定がこれまでになく迅速になります。

6. コスト削減への貢献 デジタル化と自動化はコスト削減に大きく貢献しており、採用関連費用の削減により他の投資に資金を回すことが可能になっています。

7. 候補者の体験改善 採用プロセスの自動化は、返信速度の向上により候補者の体験を向上させています。満足度は自動化により高まり、ブランドイメージの向上にも繋がっています。

8. 多様性への貢献 採用プロセスの客観化は、多様性を高めるための一助となっています。AIを使用することで無意識の偏見を取り除き、より多様な人材の採用が進んでいます。

9. データドリブン採用の増加 採用決定の精度を高めるために、データを活用した採用が増えています。データ分析により、採用成功率の向上が見込まれています。

10. 技術革新の継続 採用技術は絶えず進化しており、企業は新たなツールやアプローチに常にアップデートし続けることで、採用競争において優位に立てるようになります。


「企業の検討点」

  1. 時間管理とリソース配分の最適化: 採用担当者が各タスクにどれほどの時間を費やしているかを把握し、特に候補者のソーシングや評価に多くの時間を割いている場合は、これらのプロセスを効率化するための自動化ツールの導入を考慮することが求められます。

  2. 技術導入の効果的な戦略立案: 新たな技術を採用し、投資利益率(ROI)を最大化するために、どの技術が実際に企業の採用プロセスにおいて効果的かを検討します。自動化技術の選定には、コスト削減、効率向上、採用までの時間短縮の観点から、適切なツールを選ぶ必要があります。

  3. 候補者体験の改善: 自動化を進めつつも、候補者にとっての体験を重視し、企業のブランドイメージを向上させるための戦略を策定することが不可欠です。スムーズなコミュニケーションとポジティブな体験を提供することで、優秀な才能を惹きつけることができます。

  4. 多様性と公平性の推進: 公正かつ客観的な採用プロセスを構築することで、多様性と包摂性の高い職場環境を促進します。AIを活用して偏見を排除し、すべての候補者に対して平等な機会を提供することは、企業倫理においても重要な考慮点です。

  5. 継続的な技術革新への対応: 採用技術の進歩は速く、企業は常に最新のトレンドに目を光らせ、プロセスを更新し続けることが求められます。市場における競争力を保ちつつ、技術革新のメリットを享受するためには、積極的に新しい技術を取り入れる姿勢が必要です。


Comments


bottom of page