top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

採用時の健康情報:Dollar Generalの失敗と企業が取るべきステップ/Health Information During Hiring: 「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

この度のDollar Generalの事件は、企業が採用プロセスにおいて法律を如何に遵守すべきか、そして遺伝情報や障害に基づく差別を絶対に避けるべきかを強く示す事例となりました。


この記事では、GINAとADAに準拠するための実践的なアドバイスと、企業が採用時に陥りがちな法的な落とし穴を解説します。


  1. 遺伝情報の差別禁止: GINAは、遺伝情報に基づく従業員の差別を禁止し、関連する質問も禁じています。

  2. 障害者差別の禁止: ADAは、障害を理由とする不当な採用プロセスを禁止しています。

  3. 健康診断の問題: 採用後の健康診断で、適格だが障害を持つ個人を排除していました。

  4. 高血圧・視力の基準: 一定の血圧や視力を条件とし、これを満たさない応募者のオファーを取り消していました。

  5. 法的違反の結果: Dollar Generalは、GINAとADAの違反で100万ドルの罰金を支払うことになりました。

  6. 影響を受けた応募者: 約500人の応募者がこの不当な採用プロセスの影響を受けました。

  7. 採用プロセスの改善: Dollar Generalは、ADAとGINAに関する年次トレーニングを実施することに同意しました。

  8. マネージャーの役割: 法律違反はしばしば、マネージャーが不適切な質問をしたり、従業員の権利行使に対して報復することで発生します。

  9. マネージャートレーニングの重要性: GINAとADAのコンプライアンスには、マネージャーのトレーニングが不可欠です。

「企業の検討点」

  1. 法律遵守の徹底:企業はGINAやADAなどの法律を遵守し、全ての採用プロセスでこれを反映させる必要があります。

  2. 継続的な教育とトレーニング:採用に関わる全員に対する定期的な法律教育とトレーニングの実施が重要です。

  3. 採用基準の見直し:健康状態や障害を不当に採用の障害としない公平な基準の設定が必要です。

  4. マネージャーの役割強化:マネージャーが法律を理解し、従業員の権利を尊重する文化を育成することが重要です。

  5. 即時の是正措置:法的問題が発覚した場合、迅速かつ適切な是正措置を講じ、再発防止に努める必要があります。





Commentaires


bottom of page