top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

CA州最高裁に注目、ギグエコノミーの未来は?/ California Supreme Court in Focus: Future of Gig Economy:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

カリフォルニア州のギグワーカー法AB 5がウーバーに対する連邦控訴裁での挑戦を退けました(Future of Gig Economy)。


この判決は約140万の配達労働者に影響を与え、プロップ22の憲法適合性も問われます。


「主要な点」

  1. ウーバーとポストメイツの訴訟: ウーバーとポストメイツは、AB 5が平等保護条項に違反するとして訴訟を起こしました。

  2. 連邦控訴裁の判決 連邦控訴裁は、ウーバーの主張を退け、AB 5の適用を認めました。

  3. AB 5の影響範囲: AB 5は、ライドシェアや配達会社の労働者を従業員として扱うことを求めます。

  4. ギグワーカーの数: カリフォルニア州で影響を受けるギグワーカーは約140万に上ります。

  5. 立法の目的:AB 5は、労働者の誤分類問題を是正することを目的としています。

  6. プロップ22の背景:プロップ22は、ウーバーなどのギグ企業がAB 5からの免除を求めた法案です。

  7. プロップ22の現在の状況:カリフォルニア州最高裁でプロップ22の憲法適合性が審議されています。

  8. 連邦控訴裁の判決の意義:連邦控訴裁の判決は、立法が合理的な理由で企業を区別することができるとしました。

  9. ウーバーの反応:ウーバーは、AB 5が特定の企業を不公平に標的にしていると主張しました。

  10. 将来の展望:カリフォルニア州最高裁の決定が、ギグエコノミーの未来に大きな影響を与える可能性があります。


「企業の検討点」

  1. ギグワーカー法の適用範囲: AB 5が適用される企業は、従業員としての労働者の扱いが求められます。

  2. 判決の影響: 連邦控訴裁の判決により、ギグワーカーの権利保護が強化されます。

  3. プロップ22の行方: カリフォルニア州最高裁の決定により、プロップ22の存続が決まります。

  4. 法的リスクの管理: 企業は、労働者の分類とそれに伴う法的リスクを慎重に管理する必要があります。

  5. 業界の反応: ギグエコノミー企業は、労働法の変化に対応するための戦略を再検討する必要があります。


「Q&A」

Q1: AB 5法案の目的は何ですか? A: AB 5は、労働者の誤分類問題を解決し、彼らに基本的な雇用保護を提供することを目的としています。


Q2: 連邦控訴裁の判決はどのような影響を与えますか? A: この判決により、ギグワーカーの権利保護が強化され、AB 5の適用が確認されました。


Q3: プロップ22とは何ですか? A: プロップ22は、ウーバーなどのギグ企業がAB 5から免除されることを求めた法案であり、現在カリフォルニア州最高裁でその憲法適合性が審議されています。


Q4: 企業はAB 5の適用にどう対応すべきですか? A: 企業は労働者の分類を見直し、必要に応じて雇用契約を改定し、従業員としての権利を提供する準備が必要です。


Q5: プロップ22が無効化された場合、企業への影響は? A: プロップ22が無効化されると、ギグ企業は全ての労働者に対して従業員としての保護を提供する必要があり、コストと運営方法に大きな影響を与える可能性があります。




Comentários


bottom of page