top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

パタゴニアの柔軟な働き方に変化 / Changes in Patagonia's Flexible Work Culture:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

パタゴニアは、カスタマーサービス部門の過剰雇用問題に対処するため、従業員に新しい「ハブ」モデルへの移行を求めています(Flexible Work Culture)。


7つの都市に設置された「ハブ」に移転するか、退職するかを選択する必要があります。


移転を選択した従業員には引越し費用のサポートが提供され、移転は9月30日までに完了する必要があります。


この決定は、リモートワークによる孤立感やキャリア成長の欠如に対する従業員からのフィードバックを反映しています。


「主要な点」

  1. パタゴニアの歴史と評価 パタゴニアは50年以上にわたり、尊敬されるブランドとしての地位を築いてきました。環境保護活動に積極的に取り組み、従業員に柔軟な働き方を提供してきました。

  2. カスタマーサービス部門の過剰雇用 過去1年間で200%から300%の過剰雇用状態にあり、多くの従業員が1日2時間しか働いていませんでした。

  3. 新しい「ハブ」モデル 7つの都市に「ハブ」を設置し、従業員の移転を求める新しいモデルを導入しました。

  4. 移転サポート 移転を選択した従業員には、引越し費用のサポートが提供されます。移転は9月30日までに完了する必要があります。

  5. フィードバックの反映 リモートワークによる孤立感やキャリア成長の欠如に対する従業員からのフィードバックを反映した決定です。

  6. 企業の透明性 パタゴニアはこの変更について従業員に対して透明性を持ってコミュニケーションを図ってきました。

  7. 文化的な重要性 従業員が感じる会社の文化やキャリア成長の重要性を考慮した変更です。

  8. 未来への準備 新しいモデルの導入を通じて、パタゴニアはより強固で賢明なビジネスとして成長することを目指しています。


「企業の検討点」

  1. 従業員のフィードバックを重視 リモートワークに関する従業員のフィードバックを重視し、孤立感やキャリア成長の課題に対処することが重要です。

  2. 透明性のあるコミュニケーション 大きな組織変更を行う際には、従業員に対して透明性のあるコミュニケーションを図ることが必要です。

  3. 移転サポートの提供 従業員が移転を選択する場合、引越し費用のサポートなどの実質的な支援を提供することが求められます。

  4. 文化の維持 会社の文化を維持し、従業員がその一部であると感じられるような環境を提供することが重要です。

  5. キャリア成長の機会提供 従業員にキャリア成長の機会を提供し、長期的な成長を支援することが必要です。


「Q&A」

Q1: パタゴニアの新しい「ハブ」モデルとは何ですか? A: 新しい「ハブ」モデルは、7つの都市に設置されたハブに従業員を移転させ、リモートワークの孤立感やキャリア成長の課題に対処するモデルです。


Q2: 従業員が移転する際に受けるサポートは何ですか? A: パタゴニアは、移転を選択した従業員に引越し費用のサポートを提供します。


Q3: 過剰雇用の問題に対する会社の対応は? A: パタゴニアは、過剰雇用状態に対処するために、従業員に移転か退職を求める決定を行いました。


Q4: 従業員のキャリア成長を支援するための具体的な方法は? A: キャリア成長を支援するためには、定期的なトレーニングプログラムやメンタリング、キャリアパスの明確化などが効果的です。


Q5: 組織変更時に従業員の士気を維持するための戦略は? A: 組織変更時には、透明性のあるコミュニケーション、従業員の声を反映した決定、そして適切なサポートを提供することで、従業員の士気を維持することができます。



Comments


bottom of page