top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

パンデミック中の過剰採用とその影響 / Excessive hiring and Its Impact :「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

大手企業のGoogle、Amazon、Citigroup、BlackRockが大規模なリストラを発表し、ホワイトカラー労働市場が縮小の一途を辿っています。


経済の不確実性、パンデミックによる採用拡大の後の企業のサイズ調整が主な原因です。


テクノロジー分野だけで2023年に26万人以上が職を失っています。


  1. "大規模リストラの波": 2024年、Google、Amazon、Citigroup、BlackRockなどの大手企業が大規模なリストラを発表。これは、ホワイトカラー労働市場の縮小を示す重要な兆候です。

  2. "経済的不確実性の影響": 継続する経済の不確実性が企業の戦略に大きな影響を与え、コスト削減や人員削減の動きにつながっています。

  3. "AIの進化と職場への影響": AI技術の急速な進展により、多くの企業が業務の効率化とコスト削減を目指し、AIに注力しています。

  4. "パンデミックによる過剰採用": パンデミック中のオンラインへの移行と過剰採用(Excessive Hiring)が、現在のリストラの一因となっています。

  5. "テック業界のリストラ状況": 2023年、テクノロジー分野だけで26万人以上が職を失うなど、テック業界は特に大きな影響を受けています。

  6. "従業員のモラルへの影響": これらのリストラは、特に中間管理職を中心に従業員のモラルに長期的な影響を及ぼす可能性があります。

  7. "労働者の不安の増加": 最近の調査によると、85%の労働者が2024年に職を失うことを懸念しており、不安定な職場環境が反映されています。

  8. "企業の人員調整": PwCの調査では、CEOの25%が2024年に少なくとも5%の人員削減を予定していると報告しています。


「企業の検討点」

  1. "経済環境の変化への対応": 経済の不確実性に適応し、コスト管理と効率化を重視する必要があります。

  2. "AIと自動化の導入": AIの進化に対応し、効率化とコスト削減に役立てる方法を検討することが重要です。

  3. "パンデミック後の人員調整": パンデミックによる過剰採用の是正と事業ニーズに合わせた人員調整が必要です。

  4. "従業員のモラル維持": 大規模なリストラによる従業員の不安を軽減し、モラルを維持するための対策が求められます。

  5. "将来の人材戦略の見直し": 長期的な視点で人材戦略を見直し、持続可能な成長を目指すことが必要です。


「Q&A」

Q1: なぜこれほど多くの企業がリストラを行っているのですか?             A1: 経済的な不確実性とパンデミックによる過剰採用の修正、AIの台頭による業務の自動化と効率化の必要性が主な理由です。


Q3: これらのリストラが従業員にどのような影響を与えていますか?           A3: 大規模なリストラは従業員の不安を高め、特に中間管理職のモラルに影響を与えることが予想されます。


Q5: リストラの影響を最小限に抑えるための戦略はありますか?             A5: 効果的なコミュニケーション、従業員のモラル向上策、適切なスキルの獲得を支援することが重要です。また、長期的な視点での人材戦略の再考も効果的です。






コメント


bottom of page