top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

「グレートレジグネーション」の終わりとその後の展望/The End of the Great Resignation:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

2024年の雇用市場は未知数ですが、Indeedの経済学者によると、求人の動向と労働市場の変化がその鍵を握ると言われています。


最新の報告によると、求人は減少していますが、解雇率は低いままです。


また、ジェネレーションZが労働市場で重要な役割を果たすと予測されており、企業はこの新世代のニーズに応えることが求められます。


これらの変化に適応し、労働者の経験に投資することが、2024年の成功への鍵となるでしょう。


  1. 「求人市場の変化」:2021年12月のピーク以降、Indeedの求人は22.5%減少しましたが、解雇率は歴史的に低い水準(約1%)に留まっています。

  2. 「労働市場の参加率上昇」:パンデミック後の移民の回復により、25歳から54歳のプライムエイジ労働者の労働市場参加率が20年ぶりの高水準に。

  3. 「将来の労働力の縮小」:プライムエイジ労働者の参加率が1999年の最高記録に達しても、2025年以降は人口の高齢化により労働力が縮小すると予測されています。

  4. 「グレートレジグネーションの終わり」:ニック・バンカー氏は、2021年後半と2022年の離職率の高さと比べ、離職率が減少していることを指摘しています。

  5. 「労働者の機会」:2019年の離職率に戻ることは、新しい仕事を見つける機会がなくなることを意味しないとバンカー氏は注意を促しています。

  6. 「異分野への関心のシフト」:Indeedのデータによると、例えば土木エンジニアの77%から85%に増加したように、仕事探しの人々が現在の分野外の求人に関心を持つようになっています。

  7. 「従業員体験への投資」:2024年には従業員体験(EX)への投資が大きく減少すると予測されており、企業文化や多様性、公平性、包摂プログラムに影響を及ぼす可能性があります。

  8. 「DEIプログラムの再考」:フロリダ・バー主催のトレンディングHR問題に関する10月の討論会で、一部のセクターでDEI(多様性、公平性、包摂)と所属プログラムに対する抵抗が見られると指摘されています。

  9. 「ジェネレーションZの労働市場への参入」:Glassdoorの報告によると、2024年にはジェネレーションZがフルタイム労働力の大きな割合を占め、雇用者は彼らの優先事項に対応する必要があります。

  10. 「労働市場の前途」:バンカー氏は、2024年に対する楽観的な見方があるものの、過度に期待することはないと結論づけています。

「企業の検討点」

  1. 「労働市場の動向に対する適応」:求人の減少と離職率の低下に伴い、企業は労働市場の変化に対応する必要があります。

  2. 「高齢化による労働力の変化」:人口の高齢化により労働力が縮小する可能性があるため、企業は将来の人材確保に備えるべきです。

  3. 「異分野へのシフトへの対応」:従業員が異なる分野への転職を検討している場合、企業は彼らを維持するための措置を検討する必要があります。

  4. 「従業員体験の重視」:従業員のエンゲージメントと生産性向上のために、従業員体験に投資することの重要性。

  5. 「ジェネレーションZの優先事項への対応」:新しい世代の労働者を引き付け、維持するためには、彼らのコミュニティとのつながりや声が聞かれることなどの優先事項に注意を払う必要があります。

「Q&A」

  1. Q: 2024年の労働市場における最大の変化は何ですか?               A: 2024年の労働市場の最大の変化は、求人の減少とジェネレーションZの労働力への参入です。これにより、企業は新しい労働市場のダイナミクスに適応し、ジェネレーションZの優先事項を理解し対応する必要があります。

  2. Q: グレートレジグネーションはどのように終わったのですか?         A: グレートレジグネーションは、新しい雇用の需要が減少したことによって自然と終わりを迎えました。これにより、離職率は2021年後半と2022年の高水準から減少し始めています。

  3. Q: 従業員体験(EX)への投資が減少するとどのような影響がありますか?    A: 従業員体験への投資が減少すると、社員のエンゲージメントや生産性が低下する恐れがあります。また、多様性や包摂性のプログラムへの影響も懸念され、企業文化の強化が必要になるでしょう。




Comments


bottom of page