top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

企業の成果と従業員の成長/Business Outcomes & Employee Development:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. スキルの強化に注力する企業:内部の流動性が15%高くなる。

  2. 実際の数字:5,000人の従業員を持つ企業で比較すると、スキル開発に優れた企業は1年間で200回以上の内部移動が発生する。

  3. キャリア開発の重要性:キャリアのチャンスは、企業に残るか去るかの大きな要因。

  4. キャリアの多様性への理解:キャリア開発の真意を多様な従業員に理解させる。

  5. キャリア目標の明確化:従業員が次に追求すべきスキルや経験を理解する手助け。

  6. キャリア開発の具体策:ジョブシャドウ、ローテーション、内部異動などの選択肢を提供。

  7. 組織の回復力と敏捷性:個人のキャリア開発を進めることで組織全体も強化される。

  8. 米国の雇用トレンド:雇用は24%減少しているが、求職者の活動は活発。

  9. AI関連の仕事の人気:過去2年間で17%の応募増。

  10. 採用の効率性:より多くの応募がある現在の市場で、採用プロセスの見直しと一貫性が必要。

「企業の検討点」

  1. スキルの向上を従業員の成長と組織の成果の両面から重視すること。

  2. キャリア開発の多様性を尊重し、従業員一人ひとりに合わせた取り組みを模索する。

  3. 内部流動性を促進することで、従業員の満足度や組織の柔軟性も向上する。

  4. AIや先端技術に関する仕事の募集は、市場での魅力を高める。

  5. 採用プロセスの効率性と一貫性を追求し、全体の品質向上を目指す。


Comments


bottom of page