top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

米国大手10社、求人差別で和解金:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、ハネウェル、および他8つの企業が非米国市民を排除した求人広告に関する告発を解決しました。

  2. これら10の企業は、告発を解決するために合計で46万ドル以上を支払いました。

  3. この告発は、ジョージア工科大学の学生が差別の申し立てを行った結果、始まりました。

  4. この学生は、学校のリクルーティングプラットフォーム上でインターンシップが米国市民に限定されていたと主張しました。

  5. DOJは調査を行い、ジョージア工科大学のプラットフォーム上に他の多くの差別的な広告があることを発見しました。

  6. これらの広告は資格を持つ学生が市民権の状態のために求人に応募するのを阻止しました。

  7. 昨年、30の企業が合計で160万ドルの民事罰金を支払うことに同意しており、同様のDOJの主張を解決しました。

  8. DOJは雇用者に対し、連邦法が一般的に労働者の市民権や移民の状態に基づいて仕事を制限することを禁じていることを再認識させました。

  9. 当局は、今週の解決がすべての応募者が公平で平等な機会を持って仕事に競争することを保証するための連邦の市民権法の施行に関する彼らのコミットメントを明確にするはずだと述べました。



Comments


bottom of page