top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Work Sharing Programの恒久化

COVID-19の影響により働き方が変わり、ハイブリッドワークやリモートワークが普及した。


法律も同様であり、COVID-19を発端に、恒久化されたものもある。

カリフォルニア州のWork Sharing Programの申請方法もその一つである。


Work Sharing Programとは、企業の業績悪化に伴い一時的なレイオフや減少をした業務時間分を失業保険で補填するプログラムであり、COVID-19禍で多くの企業が利用した。


COVID-19以前はDE8686というWork Sharing Unemployment Insurance Plan ApplicationをEmployment Development Department(EDD)に郵送をすることが唯一の申請方法であったが、オンラインでの申請が可能となった。


この変更はCOVID-19禍での一時的な対応で2024年1月まで継続するという発表がされていたが、この期限を撤廃して今後もオンラインでの申請が永続的に可能となった。


Comentarios


bottom of page