top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員の新たな優先事項:ハイブリッドワークとキャリア昇進への焦点

過去数年間にわたり、フレキシビリティとリモートワークが求められる職場が主流でした。もちろん、フレキシビリティとリモートワークを提供している企業が雇用において優位になるという点は変わっていません。しかし、従業員(労働者)の優先順位については少し変化が見られてきています。


その焦点はハイブリッドワークの台頭、キャリアの昇進、自分の役割の重要性です。


ポストパンデミック時代には、ハイブリッドワークモデルが新たな標準となりつつあります。これは最近、方向性がある程度見えてきたものです。一度は常に求められていたリモートワークが、標準的な期待値となり、新たな優先事項が検討される余地を作っているように思われます。


そして現在、従業員(労働者)は成長の明確な軌道を提供する企業を選ぶ傾向に移行しています。焦点は昇進の道筋と新しいスキルを習得する機会を持つ役割を求める方向に傾いています。その結果、企業は従業員のスキル開発と学習へのコミットメントを通じて自社を区別するという挑戦(そして機会)があります。


昇進の願望と共に、組織内での自身の役割の重要性に対する評価が高まっています。従業員は企業に対して実際の影響を与え、企業と自身の価値観が近く、自身の努力に対する適正な認識を得られる役職を好む傾向があります。


競争力を保つために、企業はこれらの従業員の優先事項の変化に適応し、スキル開発の機会、意義のある仕事、そしてハイブリッドワークモデルが提供する柔軟性により強い重視を置くことが求められています。

  • 求職者の80%は自身のキャリア成長について懸念しています

  • 過去一年間に仕事を辞めたアメリカの従業員の60%以上がキャリア進展の機会の欠如を理由に挙げています。

  • アメリカの従業員の65%が、自分たちの組織がキャリア進展のための訓練と教育の機会を提供していることに満足しています。

  • 94%の従業員は、自身のスキル開発の機会が提供された場合、企業により長く在籍するだろうと答えています。


Comments


bottom of page