top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

戦略的転換:高額最低賃金への企業の対応 / How Businesses are Adapting to High Minimum Wages:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

カリフォルニア州のファストフード業界は、新設された20ドルの最低賃金に直面し、多くの企業が経費削減を迫られています(Adapting to High Minimum Wage)。


バーガーキングなどの大手フランチャイズでは、コスト削減策としてオーダーキオスクの導入を急ぎ、価格上昇や労働時間の削済みも進めています。


これにより、将来のビジネスモデルや雇用構造に大きな変化が予想されます。


「主要な点」

  1. カリフォルニアの新最低賃金:カリフォルニア州でのファストフード業界向けに新しく設定された20ドルの最低賃金は、従来の16ドルから大幅に上昇しました。この変更は、特に大規模なレストランチェーンに大きな影響を与えています。

  2. オーダーキオスクの導入加速:新しい賃金政策に対応するため、バーガーキングを含む多くのフランチャイズがオーダーキオスクの導入を加速しています。これにより、人件費の削減と効率化が図られる見込みです。

  3. 価格の引上げ:過去12ヶ月で、フランチャイズは食材コストの上昇を反映して、8%から10%の価格上昇を行いました。これは、通常の年間2%から3%の上昇率を大きく超えるものです。

  4. 労働時間の削減:最低賃金の上昇に伴い、多くのフランチャイズでは従業員の労働時間を削減し、残業の機会も減少しています。

  5. 新規開店の停止:人件費の増加が新しい投資のリスクを高めるため、フランチャイズは新規店舗の開発を一時停止しています。

  6. 消費者への影響:価格の上昇とサービス時間の削減は消費者にも影響を与え、顧客満足度の低下が懸念されています。

  7. テクノロジーへの投資:労働コストの削減を目的として、多くのフランチャイズが技術投資を増やしています。特にオーダーキオスクの導入は、顧客体験の向上にも寄与しています。

  8. 利益率の圧迫:新しい最低賃金は利益率にも影響を及ぼし、特に小規模なフランチャイズでの経営圧力が増大しています。

  9. 市場競争の激化:コスト削減の努力と価格競争は、市場における競争をさらに激化させています。

  10. 長期戦略の見直し:持続可能な経営を目指し、多くの企業が長期的な戦略を見直し、技術導入や効率化に向けた投資を進めています。


「企業の検討点」

  1. 新しい最低賃金の影響:企業は新しい最低賃金による直接的なコスト増加にどう対応するかを検討する必要があります。

  2. 労働力管理の最適化:効率的な労働力管理とコスト削減を図るための戦略が求められます。

  3. 価格戦略の見直し:価格上昇に対する顧客の反応を考慮に入れた適切な価格戦略を検討する必要があります。

  4. 技術投資の価値評価:テクノロジーへの投資がコスト削減と顧客満足度向上の両方に貢献するか評価することが重要です。

  5. 長期的なビジネスモデルの再考:新しい市場環境下での長期的なビジネスモデルを再考し、持続可能な経営を目指すべきです。


「Q&A」

Q1: カリフォルニア州の新しい最低賃金がファストフード業界にどのような影響を与えるか? A1: 企業は労働コストの増加に対応するために、価格を上げる、労働時間を減らす、技術を導入するなど、さまざまな戦略を採用しています。


Q2: 技術投資はどのようにコスト削減に寄与するか? A2: キオスクなどの自動化技術の導入により、労働力が必要な時間を削減し、長期的には人件費の節約に繋がります。


Q3: 企業は価格上昇に対してどのように対処すべきか? A3: 価格上昇は消費者の購買行動に影響を及ぼすため、顧客の価値観に合わせて価格設定を見直し、顧客満足を保つ戦略が必要です。



Comments


bottom of page