top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ADA違反: 聴覚障害のトラック運転手に対して3,600万ドルの賠償金/ADA Compliance and Its Importance:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 2015年、原告がWerner Enterprisesにトラック運転師としての採用を求め、聴覚障害を理由に拒否される。

  2. 原告はアメリカ手話や支援技術を使用し、適切にコミュニケーションが可能。

  3. 運輸省からの規制免除を取得し、Werner Enterprisesへの雇用前応募を行っていた原告は、2016年初めに商業運転免許を取得。

  4. Werner社の電話面接中に、原告が聴覚障害を持つことを理由に採用が拒否される。原告は他の感覚で補完する能力を持つと主張。

  5. EEOCはWernerエグゼクティブが合理的な対応をしなかったこと、聴覚障害のコミュニティ全体に悪影響を与える行為だったと指摘。

  6. 原告は他のトラック運転会社に採用され成功を収める。

  7. 陪審団はWerner社と子会社がADAに違反し、原告を採用・支援しなかったと判決。

  8. Werner社は判決に「失望」とコメントし、職場の安全と多様性を尊重する文化を強調。

  9. 原告に実質損害$75,000、懲罰的賠償金$36MをWerner社が支払うこととなる。

  10. Werner社は判決に対する控訴の選択肢を検討中。


「企業の検討点」

  1. ADAや関連法規を十分に理解し、遵守する。

  2. 個人の障害を理由に採用を拒否する前に、合理的な対応の可能性を検討する。

  3. 採用プロセス中に、明確で偏見のないコミュニケーションを行う。

  4. 被告となる可能性のある裁判を避けるための内部研修を実施する。

  5. 企業の多様性と包摂の取り組みを強化し、全ての応募者に公平なチャンスを提供する。


Comentários


bottom of page