top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Googleのオフィス出勤強化策:フルリモートワークに制約を:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

Googleの人事責任者が水曜日に従業員に対し、オフィス出勤を強化することを通知。従業員のパフォーマンスレビューにオフィス出勤を含める計画も発表。また、承認済みのリモートワーカーに対し、フルリモートからハイブリッドに切り替えることを求めました。企業は今後、完全なリモートワークを"例外的にしか許可しない"と明言しています。

  1. Googleはすでに承認されたリモートワーカーに対して、フルリモートからハイブリッド勤務に変更することを提案しています。特に、Googleのオフィス近くに住むリモートワーカーに対してこの提案がなされています。

  2. "ビジネスニーズ、役割、チーム、構造、場所の材料の変更"があると判断された場合、承認済みのリモートワーカーは再評価の対象となり得ます。

  3. Googleは、データを使用して従業員がオフィス出勤ポリシーを守っているかどうかを定期的に追跡する計画を明らかにしました。この方針を長期間守らない従業員に対しては、人事が"次のステップ"について連絡します。

  4. Googleの新しいハイブリッドアプローチは、人々が一緒にいることの最善の部分と、週の一部を自宅で働くという利点を組み合わせています。このアプローチは、すでに1年以上にわたって働き方として採用されており、これからは全ての職場のポリシーに正式に組み込まれるとのことです。

  5. Googleの従業員のオフィス出勤を強化することは、従業員を物理的なオフィスに戻すための企業の試みとなっています。

  6. 2021年には、Googleはオフィスへの復帰に対する反発に対処するため、リモートワークの計画を緩和し、20%の従業員にはテレコミュートを許可すると発表しました。

  7. しかし、2022年4月以降、ほとんどの従業員は週に少なくとも3日間は物理的なオフィスに出勤することが期待されています。

  8. Googleは、建物に入るためのCovidワクチンの要件を撤回したことも報告されています。


Comments


bottom of page