top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

職務内容の明確さが求職者に与える影響:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. Gen Z労働者は求人応募プロセス全体にわたる透明性を重視する傾向がある。

  2. 給与の透明性と平等性は87%の労働者が重要または非常に重要だと認識している。

  3. 給与範囲が記載されていない場合、応募を控える可能性がある人の割合は約53%に上る。

  4. 職務内容が明確で具体的であることは、求職者にとって重要であり、その欠如が応募を控える一因となる可能性がある。

  5. 雇用主は求人の詳細を見直して、より現実的で透明にするべきである。

  6. 給与範囲が記載されていない求人に対する応募の可能性は低くなっている。

  7. 給与の透明性は引き続き最優先事項である。

  8. 給与範囲を絞り込むことで、透明性が向上し、労働者を引きつける可能性がある。


Comments


bottom of page