top of page
  • 榊原 将/HR Linqs, Inc.

THE SPEAK OUT ACT

ハラスメントやセクハラ、性的暴行に対しての守秘義務が無効となる法案が可決される可能性が高い。

Speak Out Actは職場での性的暴行やセクハラに関わる秘義務契約の条項が強制力のないものにするための法律である。


つまり性的暴行やセクハラの被害者が、守秘義務契約に関わらず、その経験を伝えることや話すことを容認するためのものであり、契約に基づいて黙秘をしなければいけなかった被害者を救済するための法律である。


2017年の#MeToo運動から、再度ハラスメント・セクハラに関しての認識が高まり、州によってはハラスメント防止研修を受講することが義務付けられている。


なお、この5年間において、職場でのセクハラやハラスメントはCOVID-19期間中に一時期減少したものの、大幅に減少したというデータは無い。


このような中、被害者がその体験について自由に話が出来る権利を保障する法案は重要ではないだろうか。

最新記事

すべて表示
bottom of page