top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

人材戦略と総報酬 / Talent Strategies and Total Rewards:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

2024年に予想されるアメリカの給与増加率は4%となり、経済の不確実性にもかかわらず、雇用者は人材獲得のために競争力を維持しようとしています。


WTWの調査によると、雇用者の半数以上がインフレ圧力と競争的な労働市場への対応を理由に給与を増加させています。


人材の維持に関する懸念も減少しており、雇用者は総報酬戦略に注目しています。


  1. 「2024年の給与増加率の予測」:2024年の給与増加は平均4%と予測されており、経済の不確実性にもかかわらず、雇用者は人材獲得のために競争力を維持する意向です。

  2. 「給与増加の背景」:WTWの調査結果によれば、給与増加の主な理由はインフレ圧力と競争的な労働市場への対応です。

  3. 「人材獲得と維持の課題の変化」:2022年に60%だった人材の魅力と維持に関する雇用者の懸念は、2023年には48%に減少しました。

  4. 「総報酬戦略の重要性」:雇用者は給与だけでなく、柔軟な勤務体系や多様性・公平性・包括性の強化、従業員体験の向上など、総報酬戦略を重視しています。

  5. 「給与に対する従業員の満足度」:BambooHRの調査によると、従業員の半数以上が自分の給与に満足しています。

  6. 「転職意向と必要な給与増加率」:しかし、同じ調査で、従業員の約3/4がより高い給与で他の仕事に引き換えられる可能性があると回答しており、平均して13.3%の給与増加が必要とされています。

  7. 「経済状況と給与決定のリスク」:WTWのヨハンソン研究ディレクターは、経済状況が悪化した場合に給与を下げることが困難であることから、雇用者に対して、一時的な経済状況に基づいた長期的な決定を避けるよう警告しています。

  8. 「総報酬戦略の具体例」:柔軟性の向上、多様性・公平性・包括性の強化、従業員体験の強化などが、総報酬戦略の具体的な例として挙げられています。

  9. 「人材の魅力と維持のための戦略」:給与増加だけでなく、他の総報酬要素も組み合わせることで、人材の魅力と維持を図る戦略が重要です。

  10. 「経済の不確実性と人材戦略」:経済の不確実性の中でも、人材を確保し維持するために、雇用者は賢明な人材戦略を立てる必要があります。


「企業の検討点」

  1. 「給与増加の継続性」:2024年に予想される給与増加の持続性とその影響。

  2. 「インフレと労働市場の対応」:インフレと競争的な労働市場にどう対応するか。

  3. 「人材の魅力と維持の戦略」:人材の魅力と維持に向けた戦略とその効果。

  4. 「総報酬戦略の実施」:総報酬戦略の具体的な実施方法とその効果。

  5. 「経済の不確実性への対応」:経済の不確実性の中での人材戦略の調整。


「Q&A」

  1. Q: 2024年の給与増加の予測はどのような意味を持っていますか?         A: 2024年の給与増加率は平均4%と予測されており、これは経済の不確実性にもかかわらず、雇用者が人材確保のための競争力を維持しようとしていることを意味します。

  2. Q: 給与増加の主な要因は何ですか?                       A: 主な要因はインフレ圧力と競争的な労働市場への対応です。雇用者はこれらの要因に対処しつつ、人材を引き付け、維持するための戦略を策定しています。

  3. Q: 企業が人材を維持するためにどのような戦略を採用すべきですか?        A: 給与増加だけでなく、柔軟な勤務体系、多様性・公平性・包括性の強化、従業員体験の向上など、総報酬戦略を重視することが重要です。これにより、従業員の魅力と維持を高めることができます。



Comments


bottom of page