top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

学位不要?スキルベースの採用の現状とは !?Transition to Skills-Based Hiring:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. スキルベースの採用が人気:LinkedInでのプロフェッショナル学位の要件を省略した求人が21%から29%に増加。

  2. リクルーターの行動の変化:スキルによる検索が学位による検索よりも5倍も増えている。

  3. 金融業界の動き:学位不要の求人が354%も急増している。

  4. 技術・情報・メディア業界:学位不要の求人が240%も成長。

  5. 学位不要の採用の実際:宿泊・飲食サービス業界での学位不要の採用が11%増、金融サービス業界で6%増。

  6. 学位の影響:求人は増えているが、実際の採用には伝統的な学位要件の影響がまだ強い。

  7. リクルーターと採用担当者のギャップ:最終的な採用決定を下す採用担当者は、学位を持つ人材を採用する傾向にある。

  8. スキル要件の求人の効果:スキルを要件に含む求人は応募者が増え、変換率も上昇。

  9. スキルベースの採用のメリット:スキルベースの採用を実践する組織は、そうでない組織よりもパフォーマンスが良い。

  10. 労働需要への対応:企業はスキルベースの採用を迅速に採用して労働の需要に対応する必要がある。

「企業の検討点」

  1. スキルベースの採用が今後のトレンドであることを認識する。

  2. 伝統的な学位要件を見直し、真に必要なスキルや能力を重視する。

  3. リクルーターと採用担当者の間のコミュニケーションを強化する。

  4. 学位だけでなく、スキルや経験に基づいた求人の作成を推進する。

  5. 組織内トレーニングや職業訓練を強化し、長期的なタレントパイプラインを築く。


Comments


bottom of page