top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

CA州のSick Leaveの増加/Sick Leave Evolution in California:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. カリフォルニア州の新法: Sick Leaveが3日から年5日に増加、2024年1月に施行。

  2. 繰越上限: 従業員が次年度に繰越できる休暇の上限も拡大。

  3. 州知事のコメント: 休暇を取るか収入を得るかの選択を強いられることがないようにするための法案。

  4. カリフォルニア商工会議所の見解: 新法は中小企業にとって負担となる可能性がある。

  5. 労働者の福祉: Sick Leaveの拡大は、感染症の拡散を防ぐ手段として有効。

  6. 他の労働関連の法案: この法案以外にも、医療従事者の賃金引き上げや議会スタッフの組合結成を許可する提案があった。

  7. ファーストフード業界の最低賃金: $20/時への引き上げが新たに法制化。

  8. 失業給付の法案: ストライキ中の労働者に失業給付を提供する法案は拒否された。

「企業の検討点」

  1. 従業員の健康と福祉を最優先にすることが企業の持続可能性に繋がる。

  2. 法律の変更に柔軟に対応する必要がある。

  3. 企業の意見や懸念も政策形成に影響を及ぼすことがあるため、声を上げることが大切。

  4. Sick Leaveの拡大は、長期的には生産性の向上や感染症の拡散防止に繋がる。

  5. 中小企業は、新しい法律や政策の変更に伴う負担を最小限に抑える戦略を練る必要がある。


Comments


bottom of page