top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

大谷翔平、無税州なら4,650万ドルの節税/Shohei Ohtani's Potential $46.5 Million Savings:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

大谷翔平選手がLAドジャースと北米スポーツ史上最高額の契約を締結しました


しかし、彼の実際の純収入は契約額の一部に過ぎず、税制の違いが大きな影響を及ぼしています。


  1. 大谷翔平選手の純収入: 10年間で700億円の契約にも関わらず、純収入はかなり少なくなる。

  2. 税金の影響: 大谷選手の収入の約53.75%が税金として支払われる。

  3. 節税の可能性: 所得税のない州でプレイしていれば、約46.5億円の節税が可能だった。

  4. 契約の特徴: MLBにエスクロー制度がなく、契約金の一部は延期される。

  5. 高額契約の背景: スポーツ史上最高額となるこの契約は、プロスポーツの経済規模を示す。

  6. カリフォルニア税率の影響: カリフォルニア州の高い税率が、大谷選手の純収入を減少させる主因。

  7. 代理人の税金: 大谷選手の代理人も、彼の収入に関連して税金を支払う必要がある。

  8. 地理的な要因: 所在地による税制の違いが、選手の収入に大きな影響を及ぼす。

  9. 所得税のない州の利点: フロリダやテキサスなどの州は、所得税がないため、アスリートや大金持ちに人気。

  10. スポーツ界の経済戦略: この契約は、スポーツ界における経済戦略と税制の複雑さを浮き彫りにする。


「企業の検討点」

  1. 「税制の理解」:税制の違いが経済的な決定に与える影響の理解。

  2. 「契約の柔軟性」:契約の延期やエスクローなどの特別条項の重要性。

  3. 「地理的な要因」:所在地による税制の違いとその経済への影響。

  4. 「代理人との関係」:代理人の役割と税制に関する知識の重要性。

  5. 「長期契約のリスク」:長期契約が経済に及ぼす潜在的なリスクの認識。


「Q&A」

  1. Q: 大谷選手の契約はなぜ注目されるのですか?                 A: 大谷翔平選手の契約は、スポーツ史上最高額であり、税金や地理的要因がアスリートの純収入にどのように影響するかを示しています。

  2. Q: カリフォルニア州の税率は他の州と比べてどのように異なりますか?     A: カリフォルニア州はアメリカ国内で最も高い所得税率を持つ州の一つであり、選手の収入に大きく影響します。フロリダやテキサスなど所得税のない州と比べると、税金の差は著しいです。

  3. Q: 税金がアスリートの契約にどのように影響するのでしょうか?       A: 税金は、アスリートが実際に手にする純収入を大幅に減少させることがあります。そのため、契約交渉では税率の低い州でのプレイや税金対策の検討が重要になります。

  4. Q: 多くの大金持ちはなぜテキサス州やフロリダ州に居住するのですか?



Comments


bottom of page