top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

シニア層の採用ブーム/Senior Surge:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. シニア層のエントリーレベル応募増加: 最近の調査で、エントリーレベルの役職に対するシニア層からの応募が増加している。

  2. 採用担当者の認識: 79%がシニア層の応募者が増加していると報告。

  3. シニア層の採用優先: シニア層を優先して採用したいと考える採用担当者が60%に達する。

  4. 採用基準の変化: 経験や成熟度を重視する傾向が強まっている。

  5. 求められる従業員: 82%がフルタイムの従業員を、55%が時給制の従業員を求めている。

  6. オーバークオリファイの受容: 83%の求職者は自分がオーバークオリファイであっても、役職に応募することが許容されると考えている。

  7. 経験豊富な従業員の価値: トレーニング時間やリソースが不足している企業にとって、即戦力として活躍できるシニア層は貴重。

  8. カスタム採用: 企業は応募者のスキルに合わせて役職を作成することが増えている。

  9. 年齢差別の認識: 40%の採用担当者がテクノロジースキルや退職の懸念から年齢差別を認めている。

  10. リーダーシップ開発の提供: 今日の多くのマネージャーにマネジメントのトレーニングやコーチングを提供することで、問題の解決を図るべき。

「企業の検討点」

  1. 経験や成熟度を持つシニア層は即戦力として価値がある。

  2. 採用時に年齢差別を避け、能力や経験を重視すべき。

  3. 従業員のトレーニングやリーダーシップ開発の重要性。

  4. シニア層の採用による多様性の拡大は組織の強化につながる。

  5. 採用基準や役職の柔軟性を持つことで、より幅広い人材を獲得可能。


Comments


bottom of page