top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

今年も祝日で季節労働者を多く雇用

祝日から年末年始にかけての労働者の囲い込みが開始される。

例年10月以降は祝日から年末年始にかけての商戦に向けて、通常より多くの人員が必要となる企業が増加する。


昨年からの人手不足が継続されており、今年も各企業ではより魅力的な雇用条件を提示している。


昨年と異なり、現在のインフレによって、25%の労働者が複数の仕事を掛け持ちすることになるという調査結果がある。


祝日の労働者に希望されているのは、以下である。

  • 69%:毎週の給与の支払い

  • 62%:フレックスタイムでのスケジュール

  • 51%:雇用時のボーナス

  • 46%:フルタイム従業員として継続が可能なポジション

  • 33%:自社の製品・商品・サービスのディスカウント

  • 25%:雇用が終了する際の追加ボーナス

Kommentare


bottom of page