top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

連邦政府も給与履歴の質問禁止に!?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 米国連邦政府は、雇用面接での給与履歴の問い合わせを禁止する提案を導入しました。この動きは、約150万の役職に影響を与える可能性があります。

  2. 給与の均等性を主張する人々は、給与履歴の問い合わせが、特に女性や有色人種などのマイノリティ労働者の給与格差を繰り返すことを強調しています。

  3. 女性は平均的に、男性が1ドル稼ぐごとに84セントしか稼げないと報告されています。

  4. 連邦政府の女性労働者は、男性が1ドル稼ぐごとに平均94セントしか稼げないと報告されています。

  5. すでに21の州と22の地方自治体では、雇用者が候補者の給与履歴を尋ねることを禁止する法律があります。

  6. 給与履歴の尋ねられない面接では、女性の給与が男性に比べて増える傾向があるとの研究結果があります。

  7. 給与の透明性を高めるだけでは賃金格差を解消することはできず、男性と女性が異なる給与を得る大きな理由は、女性がより低いレベルの職種に就いている一方、男性は高給の上級職につく傾向があると指摘しています。

  8. 提案は現在、一般公開のコメント期間であり、30日後に機関は規制作成プロセスを進めるか、新たなまたは修正された提案を出すかを決定します。



Comments


bottom of page