top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

パートタイム職の増加が示すもの / What the Rise in Part-Time Positions Indicates:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

Indeedのデータによると、2022年以降、パートタイム職の求人が増加し、フルタイム職は横ばいのままです(Rise in Part-Time Positions)。


パートタイム職は求人の約32%を占め、美容・ウェルネス、個人ケア、小売、フードサービスなどのサービス業界で特に増加しています。


企業は、フルタイム職をパートタイム職に置き換えることで、変動する労働市場に対応しようとしています。


「主要な点」

  1. パートタイム職の増加 Indeedのデータによると、パートタイム職の求人は2022年以降増加しています。

  2. フルタイム職の安定 フルタイム職の求人は横ばいで、全体の約62%を占めています。

  3. 柔軟な働き方の選択肢 13%の求人は、フルタイムとパートタイムの両方の選択肢を提供しています。

  4. サービス業界の動向 美容・ウェルネス、個人ケア、小売、フードサービスなどのサービス業界でパートタイム職が増加しています。

  5. 労働市場の冷却 労働市場の冷却がフルタイム職の減少とパートタイム職の増加をもたらしています。

  6. 業界別の動向 マーケティング、ホスピタリティ、メディア・コミュニケーションなどの業界では、フルタイム職が減少し、パートタイム職が増加しています。

  7. テクノロジーの影響 AIなどのテクノロジーの進展により、一部の業界ではパートタイム職や契約社員の雇用が増加しています。

  8. 従業員教育の課題 企業は、AIなどの技術の進展に対応するために、従業員の教育が追いつかないと感じています。

  9. 契約社員の定着 契約社員の定着を図るために、HRリーダーは特にIT職の契約社員に注力する必要があります。

  10. 将来の見通し 契約労働のトレンドは今後も続くと予測され、企業は従業員から契約社員へのシフトを進めています。


「企業の検討点」

  1. 柔軟な働き方の提供 企業は、従業員のニーズに応じて柔軟な働き方を提供することが求められます。

  2. パートタイム職の活用 パートタイム職の増加を活用し、労働市場の変動に対応するための戦略を立てることが重要です。

  3. 従業員教育の強化 技術の進展に対応するために、従業員の教育とスキルアップを積極的に進める必要があります。

  4. 契約社員の定着策 契約社員の定着を図るために、HRは効果的な定着策を講じることが求められます。

  5. 将来の労働力計画 労働市場の冷却と変動に対応するために、企業は将来の労働力計画を見直し、柔軟な戦略を採用する必要があります。


「Q&A」

Q1: パートタイム職の増加はなぜ起こっているのですか? A: 労働市場の冷却や、企業が柔軟な働き方を提供しているためです。


Q2: どの業界でパートタイム職が増えていますか? A: 美容・ウェルネス、個人ケア、小売、フードサービスなどのサービス業界で増えています。


Q3: フルタイム職の求人はどうなっていますか? A: フルタイム職の求人は2022年から横ばいで、全体の約62%を占めています。




Comments


bottom of page