top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員を留めるための新しいアプローチ:企業が知るべきこと:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. Gallagherの2023年度の米国組織で従業員の維持が最優先事項とされている。

  2. 2021年の48%から3ポイント増加して、2022年に少なくとも15%の転職率を経験した企業が51%。

  3. 企業は維持率を向上させるために、給与や福利厚生を調整している。

  4. 新しい従業員の採用と研修は、すでに給与の中にいる人を保持するよりもはるかにコストがかかる。

  5. 今日の労働力の構成や従業員のニーズは急速に進化している。

  6. 従業員の経験全体を向上させることができる、より包括的な福利厚生と給与の提供を検討する必要がある。

  7. 企業は組織の健康、HR技術、医療費のコントロール、および多様性、平等、包摂の努力を通じて、給与と福利厚生をどのように調整しているかを調査。

  8. 40%が可変報酬を、39%が医療福利厚生を拡大し、38%が福祉の取り組み。

  9. DEIメッセージングを取り入れることで、最適な従業員の経験とポジティブな文化変革を実現。

  10. 従業員の健康と満足度に焦点を当てることで、柔軟な労働オプション、より良いコミュニケーション、強力なオンボーディング、DEIの取り組み、および従業員の開発プログラムを通じて、維持が向上。

「企業の検討点」

  1. 従業員の維持は、単なる数字以上のもので、企業の全体的な成功に直接関連している。

  2. 従業員の維持に関する取り組みは、給与や福利厚生の調整だけでなく、組織文化やリーダーシップの強化も含まれる。

  3. DEI取り組みは、企業の文化やコミュニケーションの核として組み込む必要がある。

  4. 現在の労働者のニーズは急速に変化しており、企業はこれに対応する戦略を持つ必要がある。

  5. 従業員の満足度と福祉に焦点を当てることで、維持率が大幅に向上する可能性がある。


Comments


bottom of page