top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

働きながら休む「静かなバケーション」の実態 / Reality of Quiet Vacationing While Working:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

労働者が有給休暇を使わずに秘密の休暇を取る「静かなバケーション」が新しいトレンドとなっています(Quiet Vacationing While Working)。


レジュメビルダー社の調査によれば、過去1年で約10人に1人の労働者がこの方法を利用し、その背景には休暇の罪悪感や職場の不安が存在します。


企業はこれらの懸念に対処することで、労働者のモチベーションとリテンションを向上させることが求められています。


「主要な点」

  1. "静かなバケーションの定義": 静かなバケーションは、労働者が有給休暇を使わずに休暇を取ることを指します。これは企業界で新たなトレンドとして注目されています。

  2. "静かなバケーションの実態": レジュメビルダー社の調査によれば、過去1年間で約10人に1人の労働者が静かなバケーションを経験しました。

  3. "仕事を続けるふりをする労働者": 約6割の労働者が静かなバケーション中にメールの返信や電話の対応、仮想会議への参加を通じて、フルタイムで働いているかのように見せかけています。

  4. "有給休暇の使用状況": 労働者の約3分の1が常に割り当てられた有給休暇を使用しており、約20%が時々しか使用せず、6%がほとんど使用せず、2%が全く使用していません。

  5. "休暇の罪悪感と職場の不安": 労働者は休暇を取ることで同僚に負担をかけることや、休暇中にチャンスを逃すことへの不安を抱えています。これが有給休暇を使わない理由の一つです。

  6. "マネージャーの支持": 労働者の68%がマネージャーが休暇を支持していると確信していますが、それでも休暇を取らない理由として職場の不安が挙げられます。

  7. "新しい労働者の後悔": パンデミック中に仕事を変えた多くの労働者がその決定を後悔しており、現在の職場に留まる傾向があります。これが「静かなバケーション」を選ぶ理由の一つです。


「企業の検討点」

  1. "静かなバケーションの影響を理解する": 労働者が有給休暇を使わずに秘密の休暇を取る背景を理解し、その影響を評価することが重要です。

  2. "労働者の不安に対処する": 労働者が休暇を取る際の不安を軽減するための取り組みを強化し、安心して休暇を取れる環境を提供する必要があります。

  3. "有給休暇の利用促進": 労働者が有給休暇を積極的に利用できるようにするための方策を検討することが重要です。

  4. "休暇の罪悪感を解消する": 労働者が休暇を取ることで罪悪感を感じないような職場文化を醸成することが求められます。

  5. "透明なコミュニケーション": 休暇に関する透明なコミュニケーションを促進し、労働者が安心して休暇を申請できるようにすることが重要です。


「Q&A」

Q1: 静かなバケーションとは何ですか? 静かなバケーションとは、労働者が有給休暇(PTO)を使わずに秘密の休暇を取ることを指します。多くの場合、労働者はメールの返信や電話の対応を続けることで、仕事をしているように見せかけています。


Q2: なぜ労働者は静かなバケーションを取るのでしょうか?労働者が静かなバケーションを取る理由には、仕事の安全性に対する懸念や休暇の罪悪感、休暇中にチャンスを逃すことへの不安などがあります。また、一部の労働者は有給休暇が不足していることも理由の一つです。


Q3: 静かなバケーションが企業に与える影響は何ですか? 静かなバケーションは、企業の労働力の効率や士気に影響を与える可能性があります。労働者が本来の休暇を取らないことで、長期的には疲労やバーンアウトのリスクが高まり、生産性の低下や離職率の上昇を招く可能性があります。


Q4: 企業は静かなバケーションをどのように防ぐことができますか?企業は労働者の休暇に対する不安を軽減し、有給休暇の利用を促進するための方策を検討することが重要です。具体的には、休暇の重要性を強調するコミュニケーションや、労働者が安心して休暇を取れるような職場文化の醸成が必要です。


Q5: 有給休暇を適切に利用するための労働者へのアドバイスはありますか?労働者は、自分の健康と幸福のために定期的な休暇を取ることが重要です。休暇を計画的に取り、仕事とプライベートのバランスを保つことで、長期的な生産性と満足度を向上させることができます。




Comments


bottom of page