top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

パンデミック後の採用市場/Post-Pandemic Hiring:Bridging the Gap between Employers and Job:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. シーズナルジョブの求人: Indeedのデータによると、2019年以降で最も低い。

  2. 求職者の関心: シーズナルジョブに対する関心が、前年比で19%増加し、近年で最高。

  3. 企業の自信: 企業は、ホリデーシーズンを迎えるにあたり、現在の労働力が十分であると考えている。

  4. 公衆衛生の緊急事態の影響: 人々が直接の仕事を受け入れる考えが増加。

  5. Amazonの採用計画: 2022年の目標150,000人から、250,000人へと大幅増。

  6. その他のリテール企業: Targetは100,000人、Macy’sは38,000人の採用を計画。

  7. COVID-19に対する懸念: 労働者の関心の高まりは、COVID-19に対する懸念の低下を反映。

  8. 経済要因: インフレーションの影響で、多くの労働者が収入を増やすためのシーズナルジョブを求めている。

  9. Indeed Flexの調査: 1/4以上の労働者が収入を増加させるためにシーズナルジョブを求めていると回答。

  10. 求人市場の趨勢: 伝統的には求人が活発な時期にも関わらず、比較的静かな採用市場となっている。

「企業の検討点」

  1. 求人市場は常に変動し、柔軟な採用戦略が必要。

  2. 経済状況や公衆衛生の状況に応じて労働者の関心が変わることを理解する。

  3. 大手企業の採用動向を参考に、自社の戦略を見直す。

  4. 求職者のニーズや関心をリアルタイムで把握し、それに応じて求人を調整。

  5. インフレや経済状況による労働者の収入のニーズに対応する。


bottom of page