top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Indeedの報告: 米国の求人の50%以上が給与を公開/Pay Transparency:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. Indeed上の求人情報の50%が給与情報を公開 これは、サイト上でこれまでに記録された最高の割合です。

  2. ニューヨークでは、2022年の31%から61%に増加 9月17日に新たな給与開示ルールが施行されたため、更に増加すると予測されています。

  3. 給与情報の公開は信頼の構築に寄与 給与情報の公開は、新たな従業員の獲得や性別や人種の給与格差の縮小にも寄与する可能性があります。

  4. 給与透明性の推移 2020年2月の18%から2023年8月の50%へと、公開率が急速に増加しています。

  5. 州ごとの給与透明性の違い コロラド州では81%の公開率で最も高く、ミシシッピ州では33%と最も低い。

  6. 都市部での透明性の増加 透明性が最も増加している15の都市エリアのうち11はカリフォルニアに位置しています。

  7. 給与透明性の拡大の背景 複数の州での給与開示法の導入や、公のサポートの増加が背景として挙げられます。

  8. 給与戦略の変化 従業員の経験を中心に、公正な給与と透明性に重点を置く動きが広がっています。

  9. 給与透明性の問題点 現在の従業員が自分の役職が高い給与でリストされているのを見ると、緊張やフラストレーションを感じる可能性があります。

  10. 給与範囲や昇給に関するポリシーの重要性 雇用者は、給与範囲や昇給に関するポリシーを作成し、疑問や目標に関して説明する準備が必要です。

「企業の検討点」

  1. 給与透明性は、従業員の信頼の構築や新たな人材の獲得に寄与する可能性がある。

  2. 透明性を高めることで、性別や人種の給与格差の縮小に繋がる。

  3. 給与の公開は、求職者からの信頼を勝ち取るための重要なステップである。

  4. 従業員に透明性を提供することで、企業文化を強化し、従業員の満足度を向上させることができる。

  5. 給与情報を公開する際には、給与範囲や昇給に関する明確なポリシーの整備が必要。




bottom of page