top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Pay Transparency:イリノイ州とコロラド州:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. Pay Transparencyの進行:イリノイ州とコロラド州

  2. イリノイ州のHB3129法案:求人広告には給与範囲と福利厚生を明記するよう求めており、2025年1月から施行

  3. 社内昇進の機会:イリノイ州では、社内の従業員に対し、外部求人情報が利用可能となった日に昇進のチャンスを知らせることが求められる

  4. コロラド州の給与平等法:昇進の機会の詳細、職務内容、給与、総報酬、将来の昇進へのアクセスを開示することが求められる

  5. 給与透明化の世界的トレンド:シンガポールとEUでは、企業が経営陣の給与、ボーナス、インセンティブ等を開示するよう求められている

  6. 給与透明性と企業ブランド:給与を明記しない企業は何かを隠していると思われる可能性有

  7. 求職者の反応:給与が明記されていない求人広告は、企業が給与を安く抑えようとしているとの印象を与え、企業の信頼性を低下させる可能性有

「企業の検討点」

  1. 給与透明性はますます重要になっており、企業は法令遵守を確認し、透明性を保つことが求めらている

  2. 企業は社員に対して昇進の機会を公平に提供する必要有

  3. 給与の非透明性は企業のブランドに悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要

  4. リモートワークの増加に伴い、適応し、柔軟性を持つことが求めれる


コメント


bottom of page