top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

米国の新残業規則とは:Unpacking the U.S. Overtime Rule Overhaul:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. DOL新規則のアナウンス - 米国労働省(DOL)が新しい残業規則を発表。

  2. 意見募集期間 - DOLが60日間の公開コメント期間を設ける。

  3. 過去の規則との違い - 2016年の$47,476から$55,068への提案への上昇。

  4. 自動調整の仕組み - 3年ごとに給与閾値を自動調整する仕組みが導入される。

  5. ステークホルダーの懸念 - 米国商工会議所などから新しい閾値と自動調整に対する懸念が提起される。

  6. 企業への影響 - 賃金の新しい閾値によって影響を受ける企業と従業員の位置づけの再評価が必要。

  7. 賃金の影響 - ノンエグゼンプトの従業員に変更するか、エグゼンプト状態を維持するために賃金を引き上げるかの選択。

  8. 関連する利益 - 賃金以外の利益や手当ても考慮に入れる必要がある。

  9. 特定の業界への影響 - サービスやホスピタリティ業界など、特定の業界に大きな影響が予想される。

  10. 企業の対応の重要性 - 規則が裁判所での審議を待つ間も、企業は積極的なアプローチが求められる。

「企業の検討点」

  1. 法的変更に柔軟に対応する能力を高める。

  2. 継続的な従業員の賃金と役職の見直しを行う。

  3. 現行の免除ステータスの見直しを通じて、従業員の位置づけを適切に行う。

  4. 法的な変更に対するリスクを事前に評価し、対策を計画する。


Comments


bottom of page