top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

時給の未来/ビジネスの対応策:Facing the New Overtime Norms:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 新しい給与額の提案:DOLは、現在の$35,568から、週$1,059または年間約$55,068に給与を引き上げる計画を発表。

  2. 最終金額の変動性:最終的な給与額は、利用可能な最新の賃金データに基づくため、$60,000を超える可能性がある。

  3. 自動更新の導入:提案には、Fair Labor Standards Actの規制には現在含まれていない、金額自動更新が含まれている。

  4. ビジネスからの反発:この提案は予想されていたが、コメントや訴訟の形でのビジネスからの反発が予想される。

  5. 米国商工会議所の反応:「間違った時期の間違ったルール作成」として提案を批判。

  6. 法的課題の可能性:法的な課題が起こる可能性があるにも関わらず、企業は対応策を考えるべき。

  7. 監査の重要性:新ルールの影響を受ける従業員の数を特定し、給与を引き上げるか、ノンエグゼンプト従業員に変更するかを判断するための監査を実施すべき。

  8. 新規給与額の影響:多くの従業員が新しい給与額の下で時間外労働の資格を得る可能性がある。

  9. 提案へのコメント期間:ステークホルダーは11月7日まで提案された時間外規則に対してコメントすることができる。

  10. 経済的背景:現在の経済環境を考慮に入れると、提案はビジネスにとって挑戦となる。

「企業の検討点」

  1. 給与額の変更に対応するための戦略を練る必要がある。

  2. 従業員の給与と職位を再評価し、必要に応じて調整を行う。

  3. 法的な課題や反発を前提に、企業のリスクを最小限に抑えるための準備を行う。

  4. 提案へのフィードバックを通じて、企業の意見や懸念を政府に伝える機会を利用する。

  5. 常に最新の労働法の変更を監視し、迅速に対応する能力を持つことが重要。


bottom of page