top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

カリフォルニアの新しい法律/The Future of Noncompete Agreement in California:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 競合避止契約の強化:カリフォルニアは、個人が合法的な職業、商取引、またはビジネスを行うことを制限する契約条項を無効にする新しい法律を成立させた。

  2. 法の適用:この法律は、カリフォルニアでの雇用を求めるすべての人に適用され、カリフォルニア外での雇用も含む。

  3. 法律の違反:従業員が私的な訴訟を起こすことで、実害の回復や差し止め命令を求めることができる。

  4. 競合避止契約の現状:カリフォルニアでは、限られた例外を除いて、競合避止契約は既に大部分が実施不可能である。

  5. カースト差別の禁止:SB 403は、カースト、つまり「遺伝的な社会的階級における個人の知覚される位置」に基づく差別を禁止するものとして提出された。

  6. 広範な差別禁止:この法案では、カーストは人々の祖先に基づく差別を禁止する広範なカテゴリの一部である。

  7. Hindu American Foundationの反対:SB 403は、南アジアの人々を特定/標的にするとして、非営利擁護団体から批判を受けている。

  8. 非競争法の国際的背景:連邦取引委員会の提案が、不競合協定を完全に禁止する方向であること。

  9. FTCの提案のハードル:提案されたルールは、多くの障壁に直面しており、長期的な法的闘争を伴う可能性がある。

  10. 法律の成立の可能性:両方の法案は、近くの週にガバナーの承認を待っている。

「企業の検討点」

  1. 競合避止契約の実施に関するリスクを再評価する。

  2. カーストや遺伝的な社会的地位に関連する潜在的な差別を防ぐための方針を見直す。

  3. カリフォルニアの新しい法律の適用を理解し、合致させる。

  4. 差別を防ぐための研修や教育を強化する。

  5. カリフォルニア州外の従業員にも影響を与える可能性があるため、全体的な戦略を再考する。


Comentarios


bottom of page