top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

労働者の新しい優先順位開発 / New Worker Priorities:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

AIの進展に伴い、世界中の労働者の57%が新しい役割でのスキル再習得に前向きです(New Worker Priorities)。


「主要な点」

  1. 57%の労働者がスキル再習得に前向き 世界中の57%の労働者がAIの進展に対応するためにスキル再習得に前向きです。

  2. AIによる職場の変化 労働者の75%が、AIが職場に何らかの変化をもたらすと考えています。

  3. 労働者の交渉力 約64%の労働者が、AI進展の中でも仕事の交渉において有利な立場にあると感じています。

  4. 職業安全とキャリア開発の優先順位 職業安全が労働者の優先順位のトップに立ち、キャリア開発も重要性が増しています。

  5. 面接での悪経験が仕事選びに影響 54%の労働者が、面接での悪い経験があれば魅力的な仕事のオファーを拒否すると回答しました。

  6. メンタルヘルスサポートの重要性 40%の労働者が、メンタルヘルスサポートを提供しない企業や社会に悪影響を与えると感じる企業では働かないと回答しました。

  7. 労働者のフィードバックの重要性 リーダーは従業員のフィードバックを重視し、未来の計画を明確に伝え、再スキル習得のための適切な訓練を提供する必要があります。


「企業の検討点」

  1. スキル再習得の重要性 AIの進展に対応するために、スキル再習得が不可欠です。

  2. 職業安全とキャリア開発の優先順位 職業安全とキャリア開発が労働者の優先順位のトップに立っています。

  3. 面接プロセスの改善 面接での悪経験が労働者の仕事選びに大きな影響を与えるため、面接プロセスを改善する必要があります。

  4. メンタルヘルスサポートの提供 労働者のメンタルヘルスをサポートすることで、優秀な人材を引き付けることができます。

  5. 再スキル習得の計画 HRリーダーは、従業員の再スキル習得の計画を立て、適切な訓練を提供する必要があります。


「Q&A」

Q1: 何パーセントの労働者がスキル再習得に前向きですか? A: 57%の労働者がスキル再習得に前向きです。


Q2: 労働者が重視する優先順位は何ですか? A: 労働者は職業安全とキャリア開発を重視しています。


Q3: メンタルヘルスサポートがない企業では、何パーセントの労働者が働かないと回答しましたか? A: 40%の労働者が、メンタルヘルスサポートがない企業では働かないと回答しました。


Q4: 企業はどのようにしてスキル再習得の取り組みを効果的に進めることができますか? A: 企業は従業員のフィードバックを重視し、未来の計画を明確に伝え、適切な訓練を提供することが重要です。また、オンラインタレントプラットフォームや柔軟な労働力のニーズに対応するための内部の柔軟性を高めることも必要です。



Comments


bottom of page