top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

コーチングとパフォーマンスレビューの新しい形 / A New Form of Coaching and Performance Reviews:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

キャンバの共同創業者兼CPOであるキャメロン・アダムス氏は、ユニークな経営哲学を持ち、従業員にコーチを配し、レゴを譲る文化を育てています(New Form of Coaching)。


このアプローチにより、キャンバはフォーチュン500企業の95%に利用される世界有数のソフトウェア企業となり、年間収益は23億ドルに達しています。


「主要な点」

  1. キャメロン・アダムス氏の背景キャメロン・アダムス氏は、キャンバの共同創業者兼CPOであり、Googleやデザインコンサルティングでの経験を持っています。

  2. キャンバの企業価値キャンバは、フォーチュン500企業の95%に利用される、世界で最も価値のあるプライベートソフトウェア企業の一つです。

  3. コーチ制度キャンバでは、従業員にマネージャーではなくコーチを配し、個々の成長に焦点を当てた支援を行っています。

  4. レゴの譲渡従業員が次のステップに進むために、現在の役割を他の人に引き継ぐ文化が奨励されています。

  5. オンボーディングの改善新しいユーザーがスムーズにスタートできるよう、小さな楽しいタスクを取り入れたオンボーディングプロセスが採用されています。

  6. 対照的な決定キャンバは、長期間プライベートに留まり、外部リーダーシップの採用を避けるなど、独自の戦略を採用しました。

  7. 収益とユーザー数キャンバは、年間23億ドルの収益を上げており、190以上の国で1億5000万人以上の月間ユーザーを誇ります。


「企業の検討点」

  1. ユニークな経営哲学キャンバのコーチ制度とレゴの譲渡文化は、従業員の成長とイノベーションを促進します。

  2. AI戦略の重要性内部開発と外部パートナーシップを活用することで、競争優位性を維持しています。

  3. オンボーディングの工夫新しいユーザーのエンゲージメントを高めるために、小さなタスクを取り入れたオンボーディングが効果的です。

  4. 収益と成長のバランス年間23億ドルの収益を達成しつつ、1500万人の月間ユーザーを維持するバランスが重要です。

  5. 対照的な経営戦略長期間プライベートに留まり、外部リーダーシップの採用を避けることが、企業のビジョンに忠実であることが成功の鍵です。


「Q&A」

Q1: キャンバのコーチ制度とは何ですか? A: キャンバのコーチ制度では、従業員にマネージャーではなく専門分野のコーチを割り当て、個々の成長をサポートします。


Q2: レゴの譲渡とは何ですか? A: レゴの譲渡とは、従業員が次のステップに進むために、現在の役割を他の人に引き継ぐ文化を指します。


Q3: キャンバのAI戦略の三本柱とは何ですか? A: キャンバのAI戦略は、内部開発、外部専門家との提携、アプリエコシステムの促進の三本柱で構成されています。


Q4: コーチ制度の導入により、企業はどのようなメリットを得られますか? A: コーチ制度により、従業員の専門的成長が促進され、個々のスキルアップが図られます。これにより、全体的なパフォーマンスと満足度が向上します。


Q5: レゴの譲渡文化は、他の企業にも適用可能ですか? A: はい、レゴの譲渡文化は、従業員が新しい役割に挑戦しやすくなるため、他の企業でも適用可能です。これにより、社内のイノベーションと成長が促進されます。






Yorumlar


bottom of page