top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

副業で乗り切るインフレ

日本と異なり、副業を承認している企業がも多い米国。

例えばカリフォルニア州では、副業禁止をポリシー化することが禁止(例外有)されている。


現在のインフレ、そして今後の経済状況を考慮した上で、多くの労働者が副業を検討しているようである。

  • 58%:副業を検討している労働者

  • 72%:Z世代で副業を検討している労働者

  • 67%:ミレニアル世代

  • 30%:ベビーブーマー世代

ちなみに米国では労働者の44%が既に副業をしており、この数値は2020年から13%増加しているようである。


副業での収入は1年平均5,700ドルであるという。

Comments


bottom of page