top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

時給$16!2024年のカリフォルニアの最低賃金:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 2024年1月1日から、カリフォルニアの最低賃金は$16に上昇。

  2. 現在の最低賃金は$15.50。

  3. インフレ調整のための毎年の賃上げの検討。

  4. 賃上げの計算方法は2つの選択肢のうち、低い方を採用。

  5. 2022年7月から2023年6月までのCPIの増加率は6.16%。

  6. 非労働時間制の従業員の最低年収は$66,560になる予定。

  7. 地方自治体は独自の最低賃金を採用することが可能。

  8. 一部の都市では州の最低賃金よりも高い。

  9. 2024年11月の投票で、さらなる賃上げの可能性。

  10. 2025年には、26人以上の従業員を持つ企業の最低賃金が$18に上昇する予定。

「企業の検討点」

  1. 経済のトレンドやインフレに応じて従業員の報酬を適切に調整することの重要性。

  2. 州と地方自治体の法令や条例を常にチェックし、適切に対応する必要がある。

  3. 企業のサイズや業界に応じて、独自の給与基準を設定することの考慮。

  4. 従業員の賃金を上げることで、労働者の生活の質や業績を向上させる可能性。

  5. 投票や政策の変更により、将来的な経済環境の変化に備えること。


コメント


bottom of page