top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

25州の最低賃金上昇とその影響 / The Impact of Minimum Wage Rises in 25 States:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

最低賃金(Minimum Wage)の引上げは、アメリカの多くの州で実施される予定ですが、インフレや生活費の上昇に伴い、これらの増加が労働者の実生活にどのような影響を与えるかは依然として重要な議論のポイントです。


2024年には25の州で最低賃金が上がるものの、$16時給でさえ生活するのに十分ではないという専門家の意見もあります。


  1. アラスカ、アリゾナ、カリフォルニア、コロラド、コネチカット、デラウェア、フロリダ、ハワイ、イリノイ、メイン、メリーランド、ミシガン、ミネソタ、ミズーリ、モンタナ、ネブラスカ、ネバダ、ニュージャージー、ニューヨーク、オハイオ、オレゴン、ロードアイランド、サウスダコタ、バーモント、ワシントンの各州で最低賃金が引き上げられる。これらの州での賃金上昇は、労働者の生活と購買力に大きな変化をもたらし、地域経済に影響する。

  2. 25州で最低賃金が上がるものの、インフレが高く、より良い給与の仕事への競争が激化している。

  3. 22州では1月1日に、その他3州では年後半に最低賃金の増加が実施され、新しい最低賃金は時給10.30ドルから16.28ドルになる。

  4. ワシントン、ニューヨーク、マサチューセッツ、ニュージャージー、コネチカット、カリフォルニア、メリーランドの各州は、最低時給が$15.00以上です。これらの州では、賃金引上げにより労働者の生活水準が大きく改善され、地域経済にもプラスの影響をもたらすことが期待される。

  5. 一部の郡や都市圏では州の最低賃金を超える給与が設定されており、デンバーでは時給18.29ドルに上昇する。

  6. 2024年に最低賃金が上がる25州のうち、19州とワシントンD.C.は生活費に連動しているが、インフレの影響に追いつかない恐れがある。

  7. 連邦最低賃金は2009年以来7.25ドルで変わっておらず、生活費の上昇により実質的な価値が減少している。

  8. 過去数年間で名目賃金は上昇しているが、実質賃金の成長は鈍化しており、労働者の財政状況に対する懸念が増している。

  9. パンデミック中、小売、ファーストフード、医療業界などの最低賃金労働者は実質賃金の急速な増加を見たが、労働市場の冷却が予想される。

  10. 多くの雇用主がパンデミック中に賃金を上げたが、最低賃金の仕事は依然として存在し、仕事の数が減少すると、より多くの労働者が最低賃金の仕事に就く可能性がある。


「企業の検討点」

  1. 「賃金設定の戦略性」:企業が地域の生活費と競争を考慮して賃金をどのように設定すべきかについての検討点。

  2. 「労働者の士気と生産性」:適切な賃金が労働者の士気と生産性に与える影響を理解し、それを人事戦略に反映させる方法。

  3. 「労働市場の変化への対応」:変動する労働市場と賃金圧力に企業がどのように柔軟に対応すべきか。

  4. 「公正な賃金の重要性」:社会的責任とブランドの評判において、公正な賃金が果たす役割を考慮すること。

  5. 「将来の計画と投資」:長期的な人材確保と育成に向けて、企業が賃金以外にどのような投資をするべきかの検討点。


「Q&A」

  1. Q: 最低賃金が上昇することのメリットは何ですか?

  2. Q: 企業にとっての最大の課題は何ですか?

  3. Q: 連邦最低賃金と州の最低賃金にはどのような違いがありますか?

  4. Q: 最低賃金の上昇がインフレに与える影響は何ですか?

  5. Q: 最低賃金を生活賃金へと引き上げることは可能ですか?




Комментарии


bottom of page