top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

CA州の高い賃金とマクドナルドのメニュー戦略 / High Wages in CA and McDonald's Menu Strategy:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

カリフォルニア州で最低賃金が$20に引き上げられる中、マクドナルドは市場競争力を高めるためにとあるメニューに再導入しました(McDonald's Menu Strategy)。


この戦略は、コスト増加を相殺し、他のファストフードチェーンとの差別化を図ることを目指しています。


「主要な点」

  1. カリフォルニアの$20最低賃金法:カリフォルニア州の新しい最低賃金法はファストフード業界に大きな影響を与えており、マクドナルドはこれを市場シェアを拡大する機会と捉えています。

  2. ベーグルサンドイッチの再導入:4年ぶりにメニューに復活したベーグルサンドイッチは、顧客の来店促進とコスト増加のオフセットを目的としています。

  3. タスクフォース「Rise and Dominate」:マクドナルドは「Rise and Dominate」タスクフォースを設立し、労働コスト上昇に対応するための戦略を検討しています。

  4. 新しいスケジューリングシステムの導入:効率的な労働時間管理を目指し、新しいスケジューリングシステムがテストされています。

  5. 価格上昇と消費者への影響:新しい賃金法によるコスト増を補うため、マクドナルドを含む多くのチェーンが価格を上げています。

  6. 飲料サイズの増量テスト:Dave's Hot Chickenは、飲料の利益率が高いことから、一部の店舗で大きなサイズの飲料のテストを開始しました。

  7. マクドナルドの生産性向上策:CEOクリス・ケンプチンスキは生産性の向上と価格上昇を通じて、新しい最低賃金法に対応する計画を発表しました。

  8. ベーグルサンドイッチの人気:少なくとも11州の1,200以上の店舗でベーグルサンドイッチが提供されており、ファンからの強い支持があります。


「企業の検討点」

  1. 労働コストの管理:新しい最低賃金法に適応し、労働コストを効果的に管理する方法を模索することが企業にとって重要です。

  2. 価格戦略の見直し:コスト増加を顧客への価格転嫁によってどのように緩和するかが、競争力維持の鍵となります。

  3. マーケティングとプロモーションの強化:地域に根ざしたマーケティング戦略とプロモーションで、新たな顧客層を引きつけることが求められます。

  4. 労働者の満足度と保持:従業員の満足度を高め、優秀な労働力を維持するための環境を整えることが不可欠です。

  5. 新しい技術の導入:労働時間の管理と効率化を目指す新しい技術やシステムの導入が、コスト削減に寄与します。


「Q&A」

  • Q1: カリフォルニアの新しい最低賃金法はどのような影響を与えますか? A1: 新しい法律は労働コストの増加をもたらし、価格戦略の見直しや従業員管理の方法に変更を迫ります。

  • Q2: ベーグルサンドイッチの再導入の目的は何ですか? A2: 顧客流入の増加と労働コストの増加に対するオフセットを目的としています。

  • Q3: 最低賃金の上昇が価格に与える影響は? A3: 最低賃金の上昇は、商品の価格上昇を引き起こし、消費者との間での価格に関する対立が発生する可能性があります。



Comments


bottom of page